スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Great Mechanics DX 15(グレートメカニックデラックス)

概要

GreatMechanicsDX15.jpg ■Great Mechanics DX 14(グレートメカニックデラックス) ■出版社:双葉社 ■シリーズ:グレートメカニックDX ■発売予定日:2009年12月15日■定価:980円■144ページ ■中身 ・巻頭特集「機動戦士ガンダムUC」 ・特集「ジャブロー」ジャブローの戦略的価値とは・宇宙世紀0079年11月30日ジャブロー戦の経過・ジャブロー攻略戦モビルスーツ部隊の編成・地球連邦軍の迎撃態勢 ・特集 「ブレイクブレイド」 クライマックスへの道程_「SPACE BATTLESHIP ヤマト」メカファン的にヤマトに燃えまくり! もちろん萌もね_「劇場版 機動戦士ガンダムOO ―A wakening of the Trailblazer―」_ボトムズ特集 「ボトムズファインダー」「幻影篇」「孤影再び」_勇者シリーズ放映20周年 合体勇者_「STAR DRIVER 輝きのタクト」_「模型戦士 ガンプラビルダーズ ビギニングG」 ほか ■中身2(コトブキヤ 商品掲載情報より) >□ライガーゼロ >■ガンスナイパーリノン仕様 ■関連リンク:公式サイトAmazon楽天ブックス

ゾイド的レビュー

■P040-043_ZOIDS大百科Vol.4 ライガーゼロ編:上部/側面からの設定画(初)及び説明書同様の設定画・設定の紹介。 ■P044-045_ゾイド絵師マーシーラビット×HMMゾイド機体解説ヤマザキ軍曹の「ゾイドまっしぐら」第4回。ライガーゼロのパッケージについてや、2010年を振り返り、HMMゾイド5周年となる2011年への抱負など ■読者プレゼント。HMMガンスナイパーリノン仕様1名様

更新履歴

101107.「レビュー」追加
スポンサーサイト

Great Mechanics DX 11(グレートメカニックデラックス)

概要

GreatMechanicsDX11.jpg ■Great Mechanics DX 14(グレートメカニックデラックス) ■出版社:双葉社 ■シリーズ:グレートメカニックDX ■発売予定日:2009年12月 ■定価:980円 ■ページ数:144p ■ISBNコード:9784575464498 ■特集:MSV特別講座 ザク工学_機動戦士ガンダムUC 僕らが見たかった宇宙世紀_機動戦士ガンダムOO OOプロジェクトを回顧する水島精二監督インタビュー_特集 装甲騎兵ボトムズ 幻影編_特集 ブレイクブレイド_グレメカ人生波止場 押井守インタビュー ほか ■関連リンク:双葉社(公式) Amazon楽天ブックス

レビュー

■表表紙にHMMアイアンコングの広告。裏表紙の読者プレゼントに同じくHMMアイアンコング。■88ページから4ページにかけて、前号に引き続き、「グレートメカニック特別講座 これさえ読めばキミにもZOIDSがわかる 後編」というコーナーで、ヤマザキ軍曹が、惑星Zi大異変以降の正史を解説されています。年表でレジェンドブロックスまで含められたものは初だと思います。■92ページから93ページにかけて、「ZOIDS HMMコトブキヤファイル」というコーナーで、今まで発売されたゾイド(アイアンコングまでの15体)が画像と一言解説付きで紹介されています。

Great Mechanics DX 14(グレートメカニックデラックス)

画像
GreatMechanicsDX14.jpg
出版社
双葉社
詳細
●グレートメカニックDXシリーズ ●2010年9月15日発売●980円 ●ISBNコード:9784575464535
---
●圧倒的なビジュアルとディープなテキスト、著名人のインタビューなどで様々なメカを徹底解剖。
●144頁 (カラー48p)
【主な内容】
ガンダム00ページ (8ページ程度)
ガンダムユニコーンページ (8ページ程度)
特集1 Z計画の真実(仮) (16ページ程度)
その他ガンダムページ: ①ガンダム外伝の現在②ガンプラビルダー (各6ページ程度)
30周年記念! イデオン特集 (12ページ程度)
装甲騎兵ボトムス関連ページ (8~10ページ程度)
小特集90年代、00年代のメカ作品再発見
マクロス関連ページ (6ページ程度)
ゾイド名鑑 (8ページ程度)
グレメカ人生波止場 (6ページ程度)
レビュー
『ZOIDS大百科Vol.3 レッドホーン編』説明書の設定図の再利用
『ゾイド絵師マーシーラビット×HMMゾイド機体解説ヤマザキ軍曹の「ゾイドまっしぐら」第3回』レッドホーンとダークホーンについての語らい
新情報としては、公式情報として初の、RAMARとのコラボCD。オリジナルのモルガがセットとなるそうな
『HOBBYを楽しむためのHOBBYなページ「ホビー大作戦」Vol.013』HMMライガーゼロの商品紹介
裏表紙:HMMライガーゼロの広告
関連リンク
株式会社双葉社 | Great Mechanics DX 14(グレートメカニックデラックス) | ISBN:978-4-575-46453-5
Amazon.co.jp: グレートメカニックDX(14) (双葉社MOOK)
グレートメカニックDX 14 (書籍) 双葉社 グレートメカニックDX
関連リンク
100924.「レビュー」追加

Great Mechanics DX 13(グレートメカニックデラックス)

Great_Mechanics_DX13.jpg
■Great Mechanics DX 13(グレートメカニックデラックス)
■発売日:2010年06月15日■定価:980円
■判型:B5判ムック: 144ページ
■出版社: 双葉社
■レビューサイト
待ちかねたぞ! - Time Vault-時の貯蔵室-
■レビュー
P002_HMMダークホーンの広告

P088-095_ZOIDS大百科Vol.2 ブレードライガー・シールドライガー編
>前号に続き、今号もゾイドページは健在だ。しかも大幅増量でお送りするぞ!
>今回はヘリック共和国の中でも人気の高いブレードライガーとその母体でもあるシールドライガーにスポットをあてる。
>>088:ブレードライガー上部の設定画。初?
>>P089:ブレードライガー側面の設定画。初?
>>090-091:説明書に載っている設定図。頭部基本フレームと尾部共和国仕様の設定画は初?
>>P093_ライガーシリーズの系譜
>>P94-095_ゾイド絵師マーシーラビット×HMMゾイド機体解説ヤマザキ軍曹の「ゾイドまっしぐら」第2回。コトブキヤHMMゾイドのパッケージを肴に語り合う!P95の1/3は軍曹情報として、ゾイド公開企画会議アフターレポート。小さいながらHMMダークホーンとライガーゼロのイラストが載ってます。95ページの1/6は「ゾイド関連情報」として、RAMERの全国ツアーの予定、HMMゾイドイメージソングのこと、ZOIDS MODELS好評発売中!が載ってます

P106-109_ヤマザキ軍曹のプラモバカ一代体験隊in惑星Zi共和国編な1回目
>ヤマザキ軍曹による自由・勝手気まま・無法地帯のコーナー
>>HMMブレードライガーの作例

P110-113_HOBBYを楽しむためのHOBBYなページ「ホビー大作戦」Vol.013
>>P110にて、HMMライトニングサイクスとミラージュの紹介。画像は既存のモノ

P147_読者プレゼント
>>HMMライトニングサイクス1名様
■関連リンク
株式会社双葉社 | Great Mechanics DX 13(グレートメカニックデラックス) | ISBN:978-4-575-46452-8
Amazon.co.jp: グレートメカニックDX (13) (双葉社MOOK): 本

Great Mechanics DX 12(グレートメカニックデラックス)

GreatMechanicsDX12.jpg

Great Mechanics DX 10(グレートメカニックデラックス)

TOP>>データベース

表紙
great_mechanics_dx10_a.jpg great_mechanics_dx10_b.jpg

  • Great Mechanics DX 10(グレートメカニックデラックス)
  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 双葉社 (2009/09)
  • ISBN-10: 4575464465
  • ISBN-13: 978-4575464467
  • 発売日: 2009/09/15
  • 商品の寸法: 25.6 x 18.2 x 1 cm
  • 商品説明:「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するやられ役「ジム」と、ロボットの大きさ検証を特集。ほか、アニメーション監督・神山健治へのインタビュー、女子ロボ徹底研究なども掲載。
  • Great Mechanicsって?: ガンダムを中心としたメカうんちく本。圧倒的なビジュアルとディープなテキスト、著名人のインタビューなどで様々なメカを徹底解剖。
  • ゾイド: P60-71 グレードメカニック特別講座:これさえ読めばキミにもZOIDSがわかる!?[前編]
  • 一言レビュー: どういう経緯で掲載されるに至ったのか分かりませんが 6Pにわたってゾイドの歴史(2P)と世界観(4P)についてヤマザキ軍曹によって書かれていました。
    目新しさはないものも「ゾイドってこんなものですよ」というのは一通り分かるかなって感じでした。
    歴史のほうは30年にわたって展開しており、今はコトブキヤも出しており、本家は寝ています。こんな売りかたをしてましたということを簡単に紹介。
    世界観に関してはゾイドグラフィックスのようなもので、時代ごとに惑星ではこんなことがありましたということの触りを紹介されていました。
    次号は主に新ゾイドに関しての世界観解説になるのかなぁと。
  • 公式サイト:株式会社双葉社 | Great Mechanics DX 10(グレートメカニックデラックス)