スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビージャパン『メカ生体ゾイド 立体作品集 ハイエンドマスターファイル』のまとめ記事

更新(141013:目次を更新追加しました。)

ホビージャパンより初の「ゾイド」立体作品集『メカ生体ゾイド 立体作品集 ハイエンドマスターファイル』が発売されました。

2014年9月30日発売、2,592円(税込)、サイズ:A4判

»続きを読む
スポンサーサイト

【本】電撃コミックスEX『ZOIDS ゾイドSS』まとめ記事

KDCW_AM10000001010000_68_cover.jpg
■概要
2014/07/26、電撃コミックスEXから『ZOIDS ゾイドSS』が発売されるそうです。
著者は、岩瀬正嗣さん。「ゾイドオリジナル」と連動する形で公式HPで掲載されたショートストーリーをコミカライズされた本で、
巻頭カラー大増24Pで貴重なコンセプトアートも掲載されているそうです。972円。 »続きを読む

ホビージャパン「ZOIDS 暗黒軍の襲来」発売!!

「ZOIDS concept art(ゾイド コンセプトアート)」まとめ記事

zoidsconsepyart3_pk1.jpg

概要

2010年から2012年にかけて発売された、『ゾイド』の世界観を新たな解釈の元に再構築した「ZOIDS concept art」。発売中のI~IIIに続き、その最新作を、ゾイド生誕30周年を記念した完全オフィシャルストーリーとして発売いたします。新たな惑星に舞台を移し、「ZNAシステム」により生まれ変わった新生ゾイドが多数登場。本書のメインタイトルでもあり、これまで出自が謎とされていた「暗黒軍」の正体もついに判明し、新たに構築された世界観が本書をもってさらに拡大します。もちろん、おなじみのゾイドも登場と、新旧ファンが楽しめる内容となっています。
メカ生体ゾイド生誕 30周年記念!壮大な背景世界と緻密な設定が楽しめるオフィシャル・ストーリー「ゾイド 暗黒軍の襲来」8月31日発売!(ドリームニュース) - エキサイトニュース

2013/8/31発売。3,086円。大型本: 93ページ
出版社: ホビージャパン 著:タカラトミー、徳山光俊
amazon

ZOIDS concept art3(ゾイドコンセプトアート)

「ZOIDS concept art(ゾイド コンセプトアート)」まとめ記事

amiami_bok-7585.jpeg
中央大陸バトル戦記「ZOIDS concept art」ついに完結編! !
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 会戦/第2章 奇襲/第3章 決断/第4章 暴走/第5章 決戦/第6章 メカニックファイル

レビュー
ギズモード・ジャパン

関連リンク:Amazon

ホビージャパン「ZOIDS concept art II」


「ZOIDS concept art(ゾイド コンセプトアート)」まとめ記事



『地球からの惑星探査船の飛来』~『無敵生命体デスザウラーの覚醒』をフルカラーで掲載!
書 名:ZOIDS concept art II
定 価:3,000円(本体2,857円) 発売日:2011年7月15日
装 丁:ハードカバー・フルカラー96ページ・A4変
発 行:タカラトミー 発 売:ホビージャパン

■関連記事
ゾイド オーシャン[ZOIDS OCEAN] ZOIDS concept art ゾイド コンセプトアート
ゾイドコンセプトアート第1弾のページです。概要やレビュー・ミニ考察などを載せております。

■関連リンク
終わりなき紛争と無敵生命体の覚醒を描く「メカ生体ゾイド」コンセプトアートブック第2弾『ZOIDS concept art II』7月15日発売【ホビージャパン】|プレスリリース配信代行『ドリームニュース』
1983年の誕生以来、幅広い層の人々を魅了し続けている「メカ生体ゾイド」コンセプトアートブックの第2弾が発売になります。『地球からの惑星探査船の飛来』~『無敵生命体デスザウラーの覚醒』をフルカラーで掲載します。

楽天市場で『ZOIDS concept art II」を探す

ゾイドバトラー雷牙

■概要

200年月より「小学四年生」「小学五年生」にて連載された、帯ひろ志による作品。
単行本は小学館のてんとう虫コミックスより全3巻が発売された。
テーマは「高性能ホビー・ゾイドを巧みに操るゾイドバトラー雷牙剣(らいがけん)が、改造(カスタマイズ)を駆使してライバルと勝負する熱血ホビー漫画

»続きを読む

ZOIDS惑星Zi

TOP>>DATE>>BOOK>>漫画>>ZOIDS惑星Zi



ZOIDS惑星Zi
作者 塩崎雄二
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表期間 2001年12号 - 2003年7号
巻数 全3巻

»続きを読む

鉄魂!! ZOIDS核闘技

TOP>>DATE>>BOOK>>漫画

■概要
2003年8月より「月刊コロコロコミック」にて連載された、溝渕誠による作品。単行本は小学館のてんとう虫コミックスより全3巻が発売された。テーマは「大人気ホビー、ゾイドに魅了された少年・鉄魂が、ゾイド作りの戦いに挑む!! 作るスピード、色塗り、ジオラマなど究極テクを目指すのだ!!」

■著者:溝渕誠
平成11年、「魔界戦記ゲートキーパー」(ハイパーコロコロ夏号)でデビュー。
代表作は「ZOIDSバトルカード戦士コマンダーTERU」、「ひでまるthe soccer boy」などで、
現在は「ポケモン不思議のダンジョン」アルセウス超克の時空へ (てんとう虫コロコロコミックス)などを手がけている。
»続きを読む

ZOIDS concept art(ゾイド コンセプトアート)

画像
zoidsconceptart_pka.jpgzoidsconceptart_d.jpgzoidsconceptart_i.jpg
タイトル
ZOIDS concept art ゾイド コンセプトアート
販売小売価格
3,000円 (税込)
メーカー
ホビージャパン
発行
タカラトミー
発売日
10年08月31日
判型
A4判・平綴じ
解説
1983年の誕生以来、幅広い層の人々を魅了し続けている「メカ生体ゾイド」の初めてのコンセプトアートブックです。『野生ゾイドの誕生』から『戦闘機械獣への進化』『民主共和勢力と武装軍事勢力の対立』までをフルカラーで掲載しています。
解説2
私はウオッチャー観察者。
先祖代々、この星の歴史を記録せし者。
我らが住まう大地、その名は───惑星ゾイド。
いにしえより、この地では、人類とメカ生体ゾイドが共に生き、共に暮らし、時には争うといった歴史を繰り返してきた。
これは、その創世の記録である───。
»続きを読む

「ゾイドひみつファイル」の紹介及びレビュー

TOP>>DATE>>BOOK>>漫画

■概要
zoidssecretfile_book_0001.jpgzoidssecretfile_book_0003.jpgzoidssecretfile_book_0002.jpg
ゾイドひみつファイル(ガイロスていこくへん)
・シリーズ:ヒーロー超ひゃっか
・出版社:小学館
・価格:800円(税込 840 円)
・発行年月:2000年03月
・サイズ:絵本
・ページ数:40p
・ISBNコード:9784097506454

ゾイドひみつファイル(ヘリックきょうわこくへん)
・シリーズ:ヒーロー超ひゃっか
・出版社:小学館
・価格:800円(税込 840 円)
・発行年月:2000年03月
・発行年月:2000年03月
・サイズ:絵本
・ページ数:40p
・ISBNコード:9784097506447

■レビュー?
SCN_0004.jpg

ゾイドの特徴を紹介する本です
子供向けに作られているため、説明文が平仮名表記になっています
帝国編と、共和国編の2種類があります(自分はまだ共和国の方を持っていません)

■紹介されているゾイド
1.レッドホーン
3.レドラー(アニメCG立体図)
7.モルガ(アニメCG立体図)
11.ヘルディガンナー(ムンベイ)
15.ブラキオス(フィーネ)
19.アイアンコング(レイヴン)
21.セイバータイガー
25.イグアン(アーバイン)
29.サイカーチス
31.デスザウラー(バン)
35.ゲーター
37.ヘルキャット(ジーク)
※左の数字はページ数。右側の()は4ページで加わるものです

・新ゾイドのナンバー順に従って紹介されています
・1つのゾイドに対して、2~4ページが用いられており、そのゾイドの名前と大きさ、特徴が簡単でわかりやすく掲載されています。
・4ページで構成されている場合は、アニメで使用されていたであろう3D画像もしくは、無印アニメのキャラクターによるコメントと、もう一点ジオラマ写真が加わります。
・画像の出典は、商品の外箱のジオラマ写真と、カタログ(たぶん)からです

■感想
・資料としては画像もデータも同じなため新鮮味はありません。
・しかし、ゾイドという兵器の支店もありながら、地球の生き物のように捉えた解説となっている点が動物図鑑のようで面白いなぁと思いました。
例えばレッドホーン。「おおきなからだと さいのようなするどいツノをもっているぞ」


TOP>>DATE>>BOOK>>漫画