スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造ゾイド・レビューしたゾイドのまとめ

■ページの概要

改造したゾイドと、ゾイドのレビューのリストを掲載しています。改造に関しては最近滞っています。

■更新履歴

110106.「レビュー」5件追加

»続きを読む
スポンサーサイト

今月のホビージャパンと電撃ホビーマガジンのレビュー

■ホビージャパン(ゾイドコーナー:1ページ)

上段
・HMMプテラス・シュナイダーのイラスト画像
大きな画像なので細かく見ることができます
プテラスはすでに、原型が公開されていますが
イラストと比較すると、大分アレンジを抑えたものとなっていますよね

中段
2/4 第2回公開企画会議の様子の紹介
1/4 ワンダーフェスティバル。ゾイドTシャツの画像
1/4 HMMセイバータイガーゴールドのパッケージ

下段
5/6 やまと シールドライガーの紹介。ダブルキャノンの記述あり
1/6 ゾイドサーがオンライン

■電撃ホビー(ゾイドコーナーなし、後ろの商品場案内:1/3ページ)

上段
・HMMプテラス・シュナイダーのイラスト画像
とても小さいものとなっているので細かく見ることはできません
ただ、ホビージャパンに10倍ぐらいの大きさで掲載されているので
そちらを参考にしてみてくださいな

中段
・ライガーゼロのカスタマイズパーツ3種類のランナーの画像
ワンダーフェスティバルで販売されるものです
先日紹介したサイトにて拡大画像を見ることができます"
セイバータイガー ゴールドのパッケージとかWFの詳細とか ゾイド オーシャン[ZOIDS OCEAN]

下段
・HMMガンスナイパー リノン仕様のテストショット
背景が青色だった影響もあるのかもしれませんが
最初のガンスナイパーとは色が異なるような印象を受けました。

最初に発売されたノーマルのガンスナイパーは
明るい紫色と白色の組み合わせであったと思うのですが、
今回掲載されたリノン仕様の場合は、
明るいのだけど少し黒みのある青(クリーミーな蒼?)と
少し青味のかかった灰色の組み合わせでした

ノーマルの色の組み合わせがやや好きでなかった自分ですので
テストショットの色がそのまま反映されたらなぁと思いました

そういえば、コトブキヤのHMMシリーズはトミーのものと比べると、
デザインだけでなく色もアレンジを加えていますよね

今回のガンスナイパーの例でいえば、
トミーのものは、群青色と、やや光沢のある銀色の組み合わせであった。

ただ思うのは、歯の白さをアピールするような白は好きでないなぁ
ジェノブレイカーの銀色の部分に対してもだけど。
それゆえ、今回のテストショットの、白色の部分が気になる

HMM ライトニングサイクスのレビュー

黙々とつくっていたら胴体まで出来上がっていました。あとは足と武器だけじゃんと時計を見るとお昼を過ぎていて驚きました。最初は、説明書とファンブックの画像を参考に、頭の中であれこれ批評していたのですが、実物なきゃわからんということで作り始めたのですが、上半身のパーツが噛みあわせにくいところからぶつぶつと不満がたまって、顔が長い、首が下に下げれん、下から見たらブサイク、耳の奥行きが無い、あの膨らんだ頬は何だ、いいのは横から見た時だけか、コックピット広すぎ、四角すぎるよ下顎、前から見たらカッコ悪、思えはチーターか、などと言っていたのですが、体全体とを比較するとそうでもなくね、そもそも人によってカッコいいという定義は異なるのにそれをかたちにして売るメーカーってすごくねと思い始めて、今では顔の出来を認めて、それでも気になる点を良くしたいなぁと思っています。 ※書きかけのページを整理していたら、公開したつもりのライトニングサイクスのレビューも下書きのままになっていたので、今回の更新に用います。画像オンリーのレビューとなります。コメントも加えたいところですが、手元にサイクスがないので、いつの日か~ »続きを読む

第2回公開企画会議の録画中継メモ(10分おきぐらい随時更新)

※ユーストリームの録画を今見てます。これはあくまでもメモなので、視聴終了後清書します。随時更新

更新履歴
18;40:シュナイダー追加。
18:52 特報2まで追加,
19:05 会議の初めまでを追加。ご飯食べてきます
19:25、ご飯食べ終わったので再開します
19:42 好きなキャラクター仕様機までを追加(上位ものはいいね)
20:00 ユーザーより意見のはじめまで追加(グッツ系は個人的に要らないなぁ。プラモ重視)
20:20 ユーザー意見追加(デカール以下4件)
20:31 ユーザー意見追加(音声まで3件)。お風呂入ってきます
20:50 お風呂出たので再開します
21:15 ユーザー意見の終わりまで完成。そしてramarのライブ(今ここ)。あと、ちょこっと買い物してきます
21:52 ただいまー
22:25 ramarさんの話と、小学館の話を追加しました。これでメモの形としては最後の更新となります。見ていただきありがとうございました。明日清書ができたらしますね
22:30 そういやキャプ画像をいくつかとったのを忘れていたのでうpしま
22:55 キャプ画像を数点追加。今度こそ更新終わります »続きを読む

GRZ-013 ガルタイガーGCのレビュー(ランナー編)

grz013a.jpg

リバースセンチュリーより
グレートアップパーツ付きで再版されたガルタイガー

旧ゾイドの後期のさくひんとあって、
デザインは奇抜なものでありますが
よろしければご覧になってくださいな

関連記事
ゾイド オーシャン[ZOIDS OCEAN] GRZ-013 ガルタイガーGC »続きを読む

限定 コマンドウルフ ホロテックのプチレビュー

comauruholo_r1.jpgcomauruholo_r2.jpg
コマンドウルフのバリエーションの一つである「コマンドウルフ ホロテック」です
5年ほど前(2006年に開かれたときの)の、コロコロコミック作品をメインに扱う、
ワールドホビーフェスティバル限定で発売されたものと記憶しております。
他にも限定商品として、ゾイドブロックスの「レオストライカー ホロテック」と
海外で発売されていた「レイコング」が発売されておりました。

商品名は「ホロテック」となっておりますが、それは外側の装甲のみで、
基礎となるパーツは通常のコマンドウルフと似たような、ややメタリックな灰色で、
武器などのパーツが今までのバリエーションとしては初の赤色で構成されています。

ここでは載せておりませんが、レオストライカーも同様にホロテックで販売されたため
ゾイドフューザーズで登場した、コマンドウルフストライカーも再現することが可能となっています

「ホロテック」ものは、内側のパーツが透けて見えたり
組み立て時に使用されるピンなどの位置が見えたりして結構好みです

comauruholo_r3.jpgcomauruholo_r4.jpg

comauruholo_r5.jpgcomauruholo_r6.jpg

comauruholo_r7.jpgcomauruholo_r8.jpg

EZ イグアンのプチレビュー

DSC01143.jpgDSC01142.jpgDSC01144.jpgDSC01146.jpg

DSC01151.jpgDSC01156.jpg

ゴドスの脅威を背景に、真似て開発されたゾイド
ブースター装備など、ゴドスより一歩能力が高い

キットとしては、足や武器などゴドスと共用するパーツが多い

旧バトストではイグ案を改造した、飛行可能なフロストイグアン隊が大きな活躍をしたが
新バトストや他の媒体では目立った活躍もなく…
PSゾイドではゴドスと同じく、格闘攻撃のキックが強いので良く使いました

「RZ-030 ガンスナイパー」のレビュー

gunsniper_rt01.jpg
共和国軍所属のガンスナイパー。やられ役もこなしますが、新世紀/ゼロのリノンやナオミといったメイン・サブキャラにも利用されており、何かと出現度の高いゾイドであります。

■関連記事
改造ゾイド・レビューしたゾイドのまとめ
コトブキヤ HMM-013 RZ-030 ガンスナイパー
コトブキヤ ガンスナイパーのレビュー
»続きを読む

「レブラプター」のミニレビュー

■雑記のつもりが長くなったのでミニ記事に

「レブラプター」

DSC00928.jpgDSC00923.jpg
DSC00655.jpgDSC00926.jpg

・ギミックとゲーム

 手動で、コックピットハッチや爪、顎が稼働します。
背中のイオンチャージャーでぜんまいを巻く、このころ流行だった仕組みを取っています。
あとカウンターサイズ(背中の鎌)を前後に動かしながら歩行します。
この鎌ですが、ゾイドバーサスでは、使用数が無制限でとても重宝しました。
ただ展開させてグルグル回るだけで、デススティンガーを倒したときは流石に驚きました。
あとブレードライガーも同じ特性を持っていてよく使っていたのですが、
流石にチート過ぎたようで、たしか、バーサス3か4で回数制限が入れられてしまいました。
動画はどうせネットにあるだろうと思っていたのですが、見当たらなかったので後でとります
100418.下に動画を追加しました

・設定

新型オーガノイド搭載を、ジェノザウラーと同時期に搭載したゾイドで
バトストでも群れで襲いかかって、ゴジュラスをぼこぼこに…
(あの頭だけ浮かんだシーンは泣ける!)
と、いえどブレードライガー登場でヤラレ役に早変わり。
アニメでも、モチーフが同じである共和国のガンスナイパーと共にヤラレ役…

・個人的にすごく気になること

 やけに曲がった腕と、足や釜あたりに見られるキャップに似たモールドは
本来はなんらか動きを付ける予定だったと思わせる格好になっているのですごく気になります
昔の頃事で開発途中のものを見たことがありますがそれでは術にこの形になっていましたし…
 あと顎は頭が後ろ寄りなのでほとんど開閉しません
モチーフの関係もあるのかもしれませんが、もう少し前よりでよかったのではと思います
後もう一個。カウンターサイズの位置はもう少し腰に近い位置の方が良いなぁと
見た目での問題ではありますがそう思います。
ギミックもつけるとなると現状の少し背中より高い位置となるのはしょうがないのかもしれませんが

・戦闘
ガンスナイパーが射撃も可能で、武装を外せば格闘戦もこなすと言うのに比べて
レプラプターは格闘のみと言うのは不利な気がしますね
カスタマイズパーツもパイルバンカーと言うのがありますが
これもまた格闘能力を高めるためのものですし。
まぁ集団で使うことを想定しているみたいなので、モルガのようでいいんですかねぇ
汎用性に乏しい気がしないでもないですけれど、
バトストでもジェノザウラーあたりでしか登場しないのでよくわかりません
個人的にはやっぱろモルガとかイグアンとか、恐竜チックでないゾイドが前に出ている方が好きです

・動画

ぜんまいが古くなったせいか、うまく歩行中の動画が取れませんでした
上のが唯一とれた歩行中の動画で、したのが諦めて宙に浮かせてとったものとなります






今までのゾイドレビューのまとめ記事はこちらです
途中で終わっているレビューとかも完成させないとなぁ

HRZ-005 DOS GODOS(ドスゴドス) 組み立てる編

hrz005_dosgodos_rev00818.jpg
あのゴドスが、新しくなって帰ってきた!
磁気嵐対応したゴドスはいかように進化したのだろうか
リバースセンチュリーがおくる、蘇ったドスゴドス。
御覧下さい »続きを読む