スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dプリンターの本にゾイド。今月の『美術手帖』は「ロボットデザイン」について。

ムック本

ダウンロード (1)
MdNの本 「3Dプリンターの実力! フィギュア製作最前線2013」

2013年8月発売の少し古い本となりますが、
3Dプリンターについて、ホビーメーカーのフィギュア製作現場を取材されており、
その中に「コトブキヤ」も含まれ、表紙にHMMゴジュラスが掲載されています。
2013/8/26発売。1,728円。関連リンク:Amazon.co.jp

おまけ


ダウンロード
月刊『美術手帖』2月号「ロボットデザイン」

こちらはゾイド関連のものが乗っているわけではありませんが、
ロボットのデザインを手がけた方たちの特集が組まれていましたのでご紹介。
1月17日発売。定価1,600+税円。関連リンク:Amazon.co.jp

「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」といった国民的アイコンを 生み出してきた日本のロボットアニメーション。
その創造の現場には、「メカニックデザイナー」と呼ばれる人たちがいる。
彼らが生み出すロボットは作品世界を構築し、 時に最先端のロボット工学にも影響を与えるほど、 虚構と現実の垣根を越えて見る者の想像力を刺激してきた。
本特集では、「ロボット文化」の魅力を、シーンを牽引するデザイナーたちの仕事から検証する。
スポンサーサイト

Quant(クアント) 2010年12月号

quant201012_pk_a.jpg
■出版社: ネコ・パブリッシング; 月刊版
■価格:648円(税込 680 円)■発売日: 2010/11/1■商品の寸法: 28 x 20.6 x 0.2 cm
■内容紹介
オモチャの総合情報誌「クアント」12月号の巻頭特集は「教えて!傑作オモチャ 誕生の秘密」。
そこで、トランスフォーマー、ホットウィール、ゾイド、サイテックスといった“傑作”を世に送り出した仕掛け人に話を聞き、誕生までに軌跡をレポートします。これを読んでからオモチャを見ると、きっとそれまでよりも魅力的でいとおしくなること請け合いです!
そのほか、フィギュアからラジコン、プライズまで、注目の新製品満載です。 »続きを読む

決定版! 80年代おもちゃ大全

TOP>>データベース>>BOOK>>決定版! 80年代おもちゃ大全

bessatutakarajima_80nenomotya.jpg
決定版! 80年代おもちゃ大全
■出版社: 宝島社■シリーズ:別冊宝島■2009/12/11発売■:600円
■商品の寸法: 25.6 x 18.2 x 1 cm■大型本: 127ページ

■内容
現在、オークションなどで高値がつき、ノスタルジーの対象となりつつある、ビックリマンシール、キン消し、ミニ四駆、ガンプラなどといった80年代のおもちゃコレクションをプレイバック! 80年代に子供時代をすごした、30代の人々をターゲットに、子供たちの遊びが「収集」「コレクション」と強く結びついた80年代を「子どもの遊び」という観点からふりかえります。 »続きを読む

ゾイドが掲載されているムック本・画集

一覧
Candy Rain 坂井久太版権集
90’sグッズ・マニュアル 完全復刻版
空想科学読本6
横山 宏 Ma.K.スケッチブック vol.1
Photoshopイラストレーション スーパーテクニック
アニメディア 2001.4


»続きを読む