スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒にできるものはそうしよう ~HMMゾイドのカスタマイズパーツについて~(打ち切り)

■ゾイド
HMMゾイドでは
武器のカスタマイズパーツは販売されていない。

メッキ化されたパーツであっても、
キャップやパイロットを除いては
専用のゾイドにしか装着することは出来ない

シールドライガーはシールドライガーの。
セイバータイガーのはセイバータイガーしか、である

同じように、標準タイプのゾイドが販売された後に発売される、
強化タイプのゾイドに付けられる武器も
各々のみにしか付けられないようになっている

HMMゾイドシリーズは、ゾイド同士の互換性を考えた設計となっていない

(ここでは余計であるが、
複数の強化タイプの販売を見越したランナーまたはカラー構成になっておらず、
色違いの同じパーツが入っていたり、
必要でないパーツがランナーに含まれていたりする)

これは、コトブキヤの方法であり、私がとやかくいうことではない。

ただ、トミーのゾイドでは互換性を織り込まれていた設計となっており
これがひとつの楽しさでもあったように思うのである

互換性があるがゆえに、
他のゾイドにカスタマイズパーツをつけることができた

最後につけていく武器パーツも付け替えられた

カスタマイズパーツや武器だけではなく
ゾイドを構成するパーツであっても、互換性があった

ザットンがゲルダーになった
グランチュラがガイサックになった
ゴジュラスが、ゴルドスへ、マンモスへなった

同じパーツを使いながらも
別の要素を加えることで全く別のものになっていくときの
組み立ての楽しさといったらなかった

その互換性は、設定上にも生かされるものがあった
ゴドスとイグアンにあった、「真似」
シールドライガーとセイバータイガーに含まれた、「強化」

互換性があることで、
その製品だけでは味わえない、広がりがあった

互換性があったからこそ
武器のカスタマイズパーツも成り立ったように思う



もちろん、
互換性がないからこそ広がることのできるものがある

最初に販売されたのシールドライガーは構造が四角で
組立てやすさや、動物としてのモチーフ、可動といった面で不満があった

しかし、次に発売された、同じ四本足構造を持つセイバータイガーは
コトブキヤの努力によって、シールドライガーの不満を吹き飛ばしてくれた
そして、ライガーゼロだってそうだ。

互換性がなかったからこそ、これらに改良を加えることができたものである




(話の続きをどうしようか悩むのでココで一度終えます)
スポンサーサイト

荷電粒子砲態勢から見る可動と見栄えについて

■コトブキヤのHMMジェノブレイカーを作る ほぼ余談編
今回、いろんなレビューサイトを見て思うのですが
荷電粒子砲の発射を再現するために、体の芯をまっすぐ再現する方が
ほんと多いのだなぁと思いました
(あと、レイヴン仕様カラーにするのも。)

自分もアニメのあの演出はすごく好きですし
(打った後の「ぷしゅー」がいい)
ジェノザウラー(ブレイカー)を語る上で欠かせないものであると思います
それゆえに、いつも細かく作り込むコトブキヤが
なぜ再現をさせなかったのか、不思議でもありました。
(説明書には一応記載されていますが、やや折れた体制のもの)

ただ、自分は再現をしない方向でいます
ひとつは、製品状態のジェノザウラーをまっすぐにしてもかっこよく感じないから
というのと、
ふたつめは、可動のためにリアル感(コトブキヤの作り込み)を失いたくない
という2つの理由があります

一つ目の理由
コトブキヤのジェノ系は体が長く、幅も薄いので
運動性はありそうだけど、華奢なイメージを感じさせます
それが荷電粒子砲の反動に耐えられるのかという疑問を持たせるものとなります

また、頭から尻尾まで全身に渡って、
黒いパイプによってつながれているので
そこから直線のラインを想起させられるようになっており
わざわざ再現を擦る必要がないと思いました

これはトミーのものにも同じことが言えるのですが
トミーのものは胴体部分にラインがないのと
首部分のラインが成型色の関係上赤くなっているので
全体から見たときの、ラインとの統一感がありません
また格好が、胴体を中心としたとき、顔と尻尾が上向きとなっています
ゆえに、直線状のイメージを想起させられません

ただ、首を傾けたときに、胴体と並行になるようになっており
荷電粒子砲も前にせり上がるようになっているので
直線上にしなくても、アニメのような再現をすることができるようになっています

2つ目の理由
コトブキヤはとても細かく丁寧に組み上げるので
例えば、ジェノブレイカーで言えば
ほとんどの部位が、
わざわざ内部構造(主に茶色で組み立てる部分)と、
それに付与される外装(赤色の部分)を分け、
内部を作った上で、外装を取り付けるという形をとっています

作る上では、2度手間とも言えるものですが
ちゃんと内部は存在していて
そこに外装を取り付けることで強化しているというのを
感じることができるようになっています

ただ、再現させようとすると
どうしても、そこを削らなければならず、
せっかくの製品の方向をずらしているようにも感じさせますし
どうしても稼動させようとすると隙間が生じ
せっかくのリアル感が損なわます
個人的には可動のためにリアル感を無視するというのが私は余り好きではないのです
(これは製品状態のジェノブレイカーの脚の可動に対しても言えるので
なんとかパーツで埋めて誤魔化したいところ)

こんな理由で、私は再現する予定がありません

コトブキヤのゾイドにミナ言えることですが
可動を重視するか、固定状態を重視するかというのは
難しい課題ですよね

ジェノ系はそれをそこまで感じさせないものと仕上がっていますが
この前組んだセイバータイガーで言えば、
可動パーツを含んだ腰の部分の隙間が偉く目立ちます

可動を殺さず、以下に見栄えよくするか
これは可動モデルの運命でもあるのかもしれませんね

(その点、トミーのものは動力パーツが剥きだしであっても
実際に動力を伝える部品という説得力があるので
全く違和感を感じさせるものとなってはおらず
むしろキャップなども製品のコンセプトを伝えるいい存在となっているんですよね)

ゾイドコンセプトアートにおける国家

ゾイドコンセプトアートにおける国家は
バトストの共和国や帝国なのだろうか、と気になった。

旗や建物にそれらしきマークがあるのでそこから考えてみる
(年表を作った時と同じく、書籍の時代区分に分けて載せております)
10/18.加筆修正

■共生
村の屋根の上:共和国のようなのマークがある。しかし、その上に線が伸びているのでアンテナかも。
メカボニカの式場の屋根:上と類似のものが見られるが、こちらは共和国デザインではない。やっぱアンテナ?
メカボニカで競うゾイド:黄色い旗に共和国。赤い旗にゼネバスっぽいものが。紫色の旗も見られるがマークまではわからず。
ゾイドバスター:赤い旗。ゼネバスっぽいが、よくわからず。車両に書かれている三角マークは不明。同じ隊を示すもの?
都市もしくは国家を描いたと思われる建物:壁に共和国マーク

■新種
襲われる輸送隊:赤い旗が見られるが、線が太く、かたちも異なるようなのでゼネバスのものではない?

■対立
武装軍事勢力の改造実験基地:入り口・内部にゼネバス
民主共和勢力の建物:「共生」の村にもあるアンテナ。門や建物には「木」のようなのマーク。

■紛争
機体:マークなし
兵隊の服そで:武装勢力が赤、民主共和が青

■エピソード
壊れた機体;共和国のマーク


各地から集まり競い合う「メカボニカ」の時から、
共和国らしきマークも帝国らしきマークも見かけられるので
ゾイド人がつくった村の一つに、それぞれのマークを掲げる村があったと考えられる

共和国のようなマークを掲げる勢力は、
都市のかたちとして初めて描かれるシーンにもおり、
民主共和勢力の都市にも見られ、
他に変わった記述がないので、国家へと自然になっていったと考えられる

ゼネバス帝国のようなマークがはっきりと確認できるのは、
軍事武装勢力の基地のシーンであるが
「メカボニカ」のときからもそれらしきマークは確認できる。

ただ民主共和と違い、軍事武装勢力の母体がゾイドバスター隊であることは紙上に書かれており、
ゾイドバスターは、ゾイド人たちが自分の身や草食獣ゾイドを守るために使った車両であり、
次第に、それを専門に扱うゾイドバスター”隊”となっているので
もともと共同体の一つとして、発展してきたというわけではなさそうである
各共同体がそれぞれ防衛のためにゾイドバスターを使ったと考えると、
ゾイドと「共生」しようとする人々や、「ゾイド使い」のような暴力的でない人々の存在とぶつかるので
ゾイドバスター隊は、各共同体の防衛を請負っていたのではないか

ここまでが今のところの妄想です

『ゾイドコンセプトアート』の裏方

ZOIDS concept art
2010年8月31日 初版発行
原作 株式会社タカラトミー
著者 徳山光俊(株式会社タカラトミー)
企画 沢田雅也(株式会社タカラトミー)
   久保 弥(株式会社タカラトミー)
編集 横山拓也(株式会社タカラトミー)
SF考証 堀井敏之
テキスト 北嶋博明
翻訳 夏目 大
ブックデザイン カマベヨシヒコ(ZEN)
発行者 富山幹太郎
発行所 株式会社タカラトミー
発売所 株式会社ホビージャパン
印刷・製本 大日本印刷株式会社

某掲示板の方が綺麗にまとめてくださっていたのでそのまま使わせていただきます)

これは『ゾイドコンセプトアート』の最後のページに記載されている内容です。

『ゾイドコンセプトアート』を読み終えた後、このページを見て
ふと、どんな方たちなのだろうというのが気になっていたので
いまさらではありますが少しぐぐってみました。

ゾイドとかかわった人がいるのかなと思ったのですが、
調べ終わって、そういうことが分かったということもなく
ただ調べた結果を以下に乗せておりますので
よろしければご覧になってください


※追記(10/10/05)
記事掲載後、徳山さんと堀井さんご本人よりコメントいただきましたので更新しました。
初代のゾイドに関わった方がいらっしゃっていて感激!
»続きを読む

ゾイド公式サイトの歴史と、それに関するブログの記述

今日のブログのネタのために少し此処でゾイドの公式サイトについて書こう。私のゾイドの公式サイトへの認識は、あまり更新をしないというものであった。しかし、それは最近のことであり、過去はそうでなかったということをしる。というか、思い出した。_posted at 14:23:51

世の中には便利なものがあるもんで、消えてゆくインターネットのサイトを記録するサイトがある。ゾイドの公式サイトも、外観だけは記録として残っており、私は最初の公式サイトまでさかのぼった。すると、詳細は憶えていないけれど、覚えのあるサイトが現れた。_posted at 14:25:04


最初のゾイド公式サイトのキャプ http://yfrog.com/03zjuj_posted at 14:31:12

「ゾイド公式サイトの歴史」トミーのドメインの中にある、最初のサイトは2000年からである。このころのブログは、ブログとかもない時代であり、公式サイトといえど、個人サイトと変わらない出来であった。中身は月によって変わるが、主に動いているのは最新情報の告知ページぐらいであった。_posted at 14:28:38


ゾイド公式サイト2代目のキャプ http://yfrog.com/4v2kzj_posted at 14:36:13

「ゾイド公式サイトの歴史」2002年10月(おそらく)、リニューアルを遂げる。ゾイドもこのころになると、幅広い展開をしており、それに応じたサイトが作られていった。商品紹介のページだけでなく、旧ゾイドの歴史館、映像資料。ウエブコミック。ゾイドに関わる情報が様々集約されていた。_posted at 14:33:21

「ゾイド公式サイトの歴史」最初の公式サイトについて追加すると、最も特徴的なものは改造ゾイドを一般の人から受付、掲載されていたことであると思う。自分のゾイドが公式のページに載るなんて、ファンとして嬉しくないはずがない。_posted at 14:34:43


「ゾイド公式サイト3代目」 http://yfrog.com/jmsz8j_posted at 14:42:35

「ゾイド公式サイトの歴史」フューザーズが始まったのを機に、再びリニューアルを遂げる。製品ごとのジャンルは分かりやすくなったものも、通販サイトのような中身になり、設定や動作まで触れられることはなくなった。デザインも単調。過去のサイトからのデータの引継ぎも行われなかった。_posted at 14:40:40

「ゾイド公式サイトの歴史」夏期忘れたので追加すると、2台目公式サイトのリニュアールは04年10月1日。_posted at 14:41:53

「ゾイド公式サイトの歴史」更新頻度は製品発売時(少なくとも1ヶ月に一回)。映像コンテンツは充実していたと思う。トミードメインとしては05年12月までとなる(タカラとトミーの合併)_posted at 14:46:14

「ゾイド公式サイトの歴史」あと、公式サイトの名前がゾイドアルティメットウェブとなった_posted at 14:47:47

「ゾイド公式サイトの歴史」サイト内のコンテンツとして、06年6月より、『ブログ ド ライガーD』ができた。なかなか公式が更新されない中でも、定期的に更新され、新製品のレビューや読者との交流を盛んにされていた。このブログも突然停止され、リンクも外されてしまった。_posted at 15:09:48


「ゾイド公式サイトの歴史」07年以降、ゾイドユニバーサスのフラッシュがトップページにつくようになり、記録が取られていない。自分も記憶にもなく、語ることがない。_posted at 14:58:42

これ以上、記録が残っていないので、「ゾイド公式サイトの歴史」はこれで終にします。3代目の公式サイトぐらいから、自分もブログをしていたので、ちょっとログを見て、サイトに関する記述があったら補充しようと思います。_posted at 15:11:59


少し書き込みの感覚が開いたのは、お腹が緩かったのと、薩摩蒸気屋のムースを食べていたからです。レスしよう_posted at 15:13:59

もう、見れないのが悲しいですなぁ @kiru0210 懐かしい、、RT“@umitosky: 最初のゾイド公式サイトのキャプ http://yfrog.com/03zjuj”_posted at 15:14:04

自分も学校ぐらいしか見る場がなかったような気がします @Okotowari191 こんな感じだったんですか。あの頃はネット環境が無かったから・・・ RT @umitosky: 最初のゾイド公式サイトのキャプ http://yfrog.com/03zjuj_posted at 15:14:42

ですね。そういう意味ではテキスト情報が大切! @Okotowari191 @umitosky ありがとうございます。アーカイブ使って昔の様子を堪能中~ しかし画像まではあまりキャッシュが残ってない様子_posted at 15:32:38


「ゾイド公式サイトに関するブログの記述」060203.ネオブロックス情報を通販サイトで知り、公式よ早く。060301.合併に伴い公式サイトがタカラトミードメインへ、表示遅い。060427.2ヶ月ぶりの更新に呆れる。060713.公式の人もライガーDのような更新を見習え。_posted at 15:25:34

「ゾイド公式サイトに関するブログの記述2」060721.ヘリメモ情報、久々の更新らしい。060810.キャラホビ2006に関して、再びライガーDのように詳細の情報キボンヌ。060924,公式に説教、ファンが居るんだから頑張れ。061111,公式遅!071108.公式が完全に死亡_posted at 15:35:25

「ゾイド公式サイトに関するブログの記述3」080831:リバースセンチュリーの全商品を更新、公式頑張れ。 以上が、昔のブログで「公式」と検索した場合の記述です。こんな重いの積み重ねが今の自分のブログと繋がるのかもしれません。_posted at 15:38:37


こうしてゾイドの公式サイトを振り返って思うのですが、ゾイドのことを伝えるとサイトの目的からして、2番目のサイトの時が最盛期だったのかなと。皆さんはいかが思いますか?

自分も一応、ゾイドの情報を扱うブログで、あれこれ公式サイトについて書いたこともありますが、2番目のようなブログを作って、よりゾイドを知ってもらえるようにしていきたいと思いました。

原点はトミーの作るゾイドであった

(いつもの「雑記」用に書いていたのですが、少し長くなったので、コラムテニな扱いにして更新を稼ごうと思いまして、別記事にしています)

自分はコトブキヤのよりトミーのが好きです。これについては数日前から加工と思っていたのですが、更新が忙しかった(更新ネタが多かった)のでしばらく寝かしておりましたが、書かないともやもやするので今日書いておきます。

ゾイドモデルズを読んで、すげーと思った反面、なんか違和感がありました。それがなんなのかじぶんでもよくわからず、しばらくもやもやしていたのですが、ゾイドモデル図の詳細目次の記事を作成中、トミーの作例は少ないんだなぁと思うことがありました
。「あ、もしかしたらこれが違和感の原因かも」と思って、改めてコトブキヤのゾイドを見たところ、トミー版の方(シールドライガーとかセイバータイガー)が好きだなぁと感じることができました。

その理由がすごく気になって考えてみたのですが、そもそも自分がゾイドをなぜ好きなったのは、たぶん、コロコロコミックとか小学何年生とかアニメとかで見た、ゾイドの世界観ですとかジオラマですとかデザインとかが好きだったからなんだと思います。「だと思います」というのは、ふわふわと残っている記憶を頼りに推測したからで、当時の自分がそう思っていたのかどうかは分からないからです。今の自分がゾイドを好きな理由もこれだと思います。

で、それに対してコトブキヤのゾイドは、オリジナルの世界観を作っているわけでもなく、デザインは異なっており、これらをもつて、「HMMゾイドが好き」というのがなく、ゾイドから派生したものだから好き、関わっているという要素がすごく自分の中で強いのだと思います。仮にですが、トミーのゾイドがなく、コトブキヤからゾイドが発売されていたならば又別の視点から見ることができたと思います

ここで戻りますが、そのような経緯が自分にあったからこそ、ゾイドモデルズがゾイドの作例集としてでる以上は、トミーのを元にした作例のほうが多い、少なくとも半分以上はあるべきというのが、心の奥にあり、それが的はずれなことであったから違和感につながったのではないか、という結論になりました

(またこんなにまとまりもなく。うだうだ書いているのがすでに自分の中で嫌気が指しているのですが、もう少し書きます。最初に加工とした時もこうやって長々とうだうだに悩み、描くのをやめたんですよね)

このことは、ゾイドを再認識できたという点で自分の中では良い出来事であったと思います

あと、ブログを公開している以上、これは適当に書いたものであれ、人様に見られるものですから誤解の内容に書いておきますと、コトブキヤのゾイドが嫌いというわけではなく、私の趣向に合わないというダけですのであしからず。

コトブキヤさんがゾイドをどのように扱うかというのは勝手ですし、そのゾイドが好きという人も大勢の方が居ますし、そこからゾイドに入ってくださる方もいるかと思いますし、しばらくゾイドがつづいているのもコトブキヤさんのおかげですし、今回の商品企画会議などとてもユーザーの方を思ってくださっていますし、私にはあわないというだけで、まして、アンチコトブキヤなんてことはありませんので。

すこし脱線しますが、好き嫌いというのは、その個人の価値観であり、絶対的なものではありません。自分が嫌いだからといって、それが大多数の意見であるとは限りませんし、その見方は大変危険だと思います。その点が最近見落とされているのではないかということをたまに見かけることがありますので書いておきます。実を言うと、私は好き嫌いというものがよく分かりません。自分に合う合わないということはあっても、自分が何が好きで嫌いで判断することができません。正しい、正しくない、間違っているといことの判断を迫られているように感じてならないのです。

まぁ、そんなわけで自分の思ったことを書いてみたわけですが、次回作例集が出るときはもう少しトミーのゾイドが多いといいなぁと思って、終えることにします。だって、ぜんまいとか電動とかブロックスとかネオとかいっぱいあるわけじゃん。終わり