スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿したはずなのに

■更新みたいなもの
2010年5月の横浜ゾイドオフ会
明日のゾイドオフ会イベントであります

電撃ホビーマガジン 2010年7月号
作例はグレートサーベル。ミラージュとダークホーンの画像が掲載されていました。

月刊モデルグラフィックス2010年7月号にミラージュとダークホーンの画像が掲載されていました。小さいであります。

■ゾイドアンテナ
ゾイドコミュニティゾーン - コピペ -

>ラジコンマガジン7月号(6月4日発売)に、大学生が研究の一環で製作した「RCモルガ」が掲載されます。なんと全長80センチのビッグサイズで、フルスクラッチ! 体を左右にくねらせつつ、さらに尻尾が上下にうねるという超リアルでキモイ動きが見どころ。しかもプレステのコントローラーで動かせます。実は前回のオフ会に持ち込まれ、その場でラジコンマガジンの取材を受けていたのでした。


公式サイト:RCmagazine。まだ情報は上がっていないようです

ZAC2050
ゾイコロやジュニアゾイドを掲載されています。ゾイコロかわいいですね

ウホッ、いいゴリラ!|鉄人00のブログ

封印武装|ZOIDS SHOP ~細目な店長の店~
グレードアップユニット"ハイパービームガン
スポンサーサイト

2010年5月の横浜ゾイドオフ会

イベント名
横浜ゾイドオフ会
開催場所(地図有り)
横浜市神奈川地区センター 中会議室
〒221-0046 神奈川区神奈川本町8-1
http://cgi.city.yokohama.lg.jp/shimin/chikucenter/display.php?r=109&year=2009&month=04&day=20
開催日
5月30日9時~16時半(17時閉館)
会場予約状況と設備
http://cgi.city.yokohama.lg.jp/shimin/chikucenter/display.php?r=109&year=2009&month=04&day=20
内容
今回のオフ会の祭りは「旧対戦末期からリバースセンチュリーシリーズ」です。また今回のコンペのテーマは前回からあまり日がないことから「BLOX」を継続することになりました。そのまま製作されるのはもちろん、オリジナルに組み替えた作品をお待ちしております。
「祭り」「コンペ」以外にも撮影ブースを用意してありますので自慢のゾイドを撮影してみてはいかがでしょうか?また大きくはないのですがちょっとしたその他企画も用意してありますのでお楽しみに。
会場費
200円
諸注意
前回は新しく10人のご参加ありがとうございました。ますます参加者が増えてきたので会場内で他の参加者の迷惑に  ならないようにご配慮願います。
レポート
ゾイドコミュニティゾーン - ゾイドオフ会お疲れ様でした。 -
横浜ゾイドオフ会 レポート(1) - Time Vault-時の貯蔵室-レポート(2)(3)(4)
前回に引き続き行われたブロックスコンペ、ゾイドカードゲームとパチゾイド、次回イベントの会議などなどについて書かれています
関連記事
前回の横浜ゾイドオフ会
関連リンク
ゾイドコミュニティゾーン - 5月のゾイドオフ会のおしらせ
更新
100605.レポート追加
100511.頁作成

新聞に潜むゾイド ~新聞に掲載されたゾイドに関する記事~

もとよりゾイドの資料には興味があったのですが、相互リンク先の「ZOIDS IGNITION」さんの収集に心引かれまして、最近、電撃ホビーの過去のを集めたり、ようやくゾイドコアボックスを買ったりをしております。雑誌関係は切り抜きをしていり最中でありますので落ち着いたらまとめていこうと思っていますが、今回は新聞に眠るゾイドの話です。

各新聞社は過去のものを有料で見ることができるようにしております。んで、先日、日本経済新聞と読売、朝日、毎日を一通りチェックしました。

日経はさすが経済新聞とあって、4死の中で一番検索結果が多く80件ほどが掲載されていました。ゴルフにも一部ゾイドという言葉が用いられていたり、トミーの紹介として、ひとつの例としてゾイドが上げられているケースを覗いても結構ありました。今回は時間がなかったので2001年までしかチェックしていないのですが、個人的には1988年のゾイドのチーフデザイナーの方の話が一番の発掘でした。昔の記事を見ていますと、トミーをゾイドが引っ張っていた時代がちゃんとあるんですね。88年付近では結構なブームだったようですし、新ゾイドとして復活した2000ねん前後も売上が50億円とか稼いでいたとか。あと1988年代に、恐竜の進化説の話とゾイドブームとから寝て、ゾイドが語られている記事があって、ゾイドを捉える感覚としてなんか新しいものを感じました。そんな日経でありますが、一番件数が多く、唯一PDFで従来の新聞形式で見ることができ、こちらとしても探しがいがあってよいのですが、操作画面がひどくて、本分を開く度に「開きますか?」と聞いてくるのが難点かなぁと思いました。

読売新聞は、1988年の新世代プラモデルに関する記事で、ゾイドが取り上げられている程度でした。あと印刷はしなかったのですが、新聞の購読者の投稿欄に、小学生がゾイドに関して投稿している記事が数件あって微笑ましたかったです(記憶があやふやなのですが、たしか読売です)。朝日新聞でありますが、こちらも件数は少なく、自分がいると思ったのは、恐竜とゾイドを絡めた記事と、3DCGアニメとして上げられたもの、そして、玩具売上でウルトラザウルスが3位に並んでいる記事の3件でありました。朝日は印刷ページも設けられていないので時期ページ印刷となります。毎日新聞は「子供の新語辞典」としてゾイドが上げられたのみとなります。

まだすべての期間をまとめ上げたわけでないので保留しておきますが、いつかまとめる予定ですのでよろしくお願いします。

応答お願いします

■更新履歴
ゾイドモデルズの目次作成中(100522 update)
こそこそ更新してます。一つ一つコメントを書いたらいいなぁとか、公式に載っているのはつけたらスゴク良かったので、他のにもサムネイルをつけたらいいなぁとかしそうにないことを思っていたりします。公式がしてくれれb…。

コトブキヤ HMM-016 RZ-028 ブレードライガーAB バン仕様
ミラージュのページを作成したので、今まで発売されたブレードライガーのページへ関連記事として追加したのですが、バン仕様のレビューが少ないことに気づいたので追加しました。けれども、今回追加したレビューなさっている方々のは一度見た覚えがあったので、なんでページに掲載していないんだろうと思ったのですが、ページの更新履歴を見てみると、1月に5間追加したと書いてあるんですよね。追加する前に掲載していたのが2件で、今回追加したレビューさんを追加するとちょうど5件になるんですよね。追加するつもりだったのに忘れていたのかデータが飛んだのかわからずじまい。まぁいっか

■ゾイドアンテナ
ゾイキノさん経由の情報となりますが、
萌えよドットコムさんの記事に、海洋堂ホビーロビーに展示されているリボルテックブレードライガーのサンプル画像が掲載されています。全身、各部4方向からご覧になれますよ!すごく買おうかどうか悩んでます。32cmぐらい
「カッコよく」も「可愛く」も出来る!海洋堂「リボルテックヤマグチ No.093 ZOIDS BLADE LIGER」のサンプル - moeyo.com

タイプZi:HMMグレートサーベル その4
製作過程の画像も別記事にて掲載されておりますよ。自分のグレートはゾイドタワーと言う塔の1材料となっています

財布のなかは大丈夫?

HMM RZ-028 ブレードライガーミラージュ
商品企画会議でお話が出たミラージュの情報がでてきました!パール、メタリック塗装でアレンジされたものとなっています。イリサワ限定ですのでご注意くださいませ

NBZ‐09 バイトグリフォン(ハードベアー) - Gaddemu Only World
くまが暴れてる!
ここまでの可動を見ると、コトブキヤにおとらないものにネオブロックスはなったんじゃないかと思ったり

NBZ‐09 バイトグリフォン 完成 - Gaddemu Only World
合体系にありがちの、あまりパーツがわかりやすく掲載されています
そして、その余りパーツを何とかしようと組み合わせてみるの法則まで実践されています

■コメント返信
JUNK ZOIDS」のU-tanさん

ゾイドモデルズに一言
以前に一度ゾイドオーシャン様にはご紹介頂きました。
その節は有難うございました。

私はメカボニカ時代からZOIDSどっぷりの人間です。
今回のゾイドモデルズですが尼から届きWAKUWAKUしながら見ていたのですが途中から一抹のもやもやとした違和感が・・
そして読み終えた瞬間、
ん~~~~~~なんだかな~~と。

作例は良く出来ていますし、すごいとしか表現できないものばかりなのですが、期待していたものとはかなり違っていました。
やはりTOMYのゾイドが少ないのは寂しいですね。
こちらの勝手な思い込みで出版社様には申し訳ないのですが、昔の電撃に掲載された作例が全部見れるかな?ぐらいにワクワクしていたのですが、
期待はずれでした。

再販ラッシュも暗黒ゾイドの発売で再度の終焉を向かえ、また氷河期を迎えつつありますので
本家以外が頑張ってくれて本が出るだけでもありがたく思ってはおります。
でも寂しいですね。

ゾイドオーシャン様のBLOGはいつも楽しく拝見させていただいております。
記事内容も面白く、いち早く情報が手に入りありがたいです。
こういったBLOGはモチベーションの維持など色々と大変とは思いますが、末永く続けていただけたらうれしい限りです。
頑張ってください。

U-tanさん、コメントありがとうございます
自分と同じ感想の方がいて、少し安心したり、その安心がまたフクザツな気分を起こしたりで悩ましいものですw

本家であるトミーが停止している以上、本来であるならば続かないものを、
コトブキヤがゾイドを新しく作ってくれているというのはゾイドがつづくという意味で嬉しいですけれど
本家が全く音沙汰なく、コトブキヤのものだけが続くのではないかという不安もありますね

コトブキヤのが悪いというわけではないのですが、
ゾイドとは別のロボットと見ても余りデザインが好きでないのと、
おrジナルではシリーズを進めているわけではないので新鮮さ、ワクワク感みたいなのも無いのが
自分としては余り受け入れられていない点かもしれません

と、あれこれ思うことありますが
メーカーが提供するものに頼ることなく
自分なりにゾイドを楽しめることができればいいのではないかとも思ったりです
それがどんな方法であるのか自分でもよくわからないのですがw


更新適当ブログでありますが
そこまでおっしゃっていただけますと、嬉しい限りであります
こうやって、ちょっとしたコメントいただけるだけでも、自分のどこかでやる気に変換されているはずでありますのでまた宜しければコメントくださいませ

ではでは


「JUNK ZOIDS」さんの最新ゾイド記事はこれだ!
完成!   長かった・・・ - JUNK ZOIDS - Yahoo!ブログ
HMMガンスナイパーを帝国鹵獲仕様に改造。コルクボードの土台がまたいいですね

■コメント返信その2

元傭兵の気分的なレビュ置場」の元傭兵さん

公式二次創作という概念
どうもコンバンワ、日頃のレビュー紹介ありがとうございます。

発売以来気にとめてすらいなかったのですが、あの作例集ってHMMメインだったんですねぇ…。
カッコイイし電池は要らない、そして好きに動かして遊べるけどコレジャナイ。
ゾイドはミリタリーなリアルロボットの皮をかぶったスーパーロボットのオモチャって気がするんです。
HMM版の設定も面白いとは思いますが、おれは矛盾や仕様の違いも含めてトミー版とはまた違う世界における物語だと解釈しております。
多世界解釈にも慣れたもんですね(・ω・)r

…ところで当方、行動範囲内に取り上げてないゾイドのキット扱ってる店が無いので、ゾイド関連の更新はHMMちょくちょくとストックの一つだけになりそうですが、どうか今後ともよろしくお願いします。

コメントありがとうございます

コメントを読ませていただいてから、ふと自分のことを考えてみますと
ロボットでも「生きている」もしくは「生きているかのように振舞う」モノが好きなんだなぁと言う事に気づきました
ゾイドでいいますと、機械と動物という要素が合体している、
箱に掲載されていた静止のジオラマに動きを感じるアニメのような躍動的な動きなどなど。
で、ロボットはなんとか戦隊のとか、自動車的なイメージが有りますね

>多世界解釈
2時創作は結構好きですし、ゾイドに潜む矛盾もヘッチャラなんですけれど、コトブキヤのはできないんですよね
オリジナルで話(世界観)を進めていないからかもしれませんし、そもそもそこに要点をおいていないからかもしれません
別の世界という点が薄いからこそトミーのものとダブって、違和感を生じさせるのかもしれなせんね

更新の件は了解しました。これからもよろしくお願いします

HMM RZ-028 ブレードライガーミラージュ

hmm003L_bladeligermirage_pk_a.jpg
HMMブレードライガーミラージュ箱絵・公式より: うさぎ用心棒ブログ営業所
HMMブレードライガー・ミラージュ箱絵あみあみより: うさぎ用心棒ブログ営業所

シチュは妄想戦記の『親子ゲーム』を覚えてる方なら解るエレファンダー部隊との戦い。

商品名
RZ-028 ブレードライガーミラージュ
メーカー
コトブキヤ
発売日
2010年08月
価格
7,140円
詳細
商品仕様:プラスチックキット
素材:PS、PE、PVC
全長:約400mm
スケール: 1/72
イリサワ流通限定商品
特典:B4パッケージアートポスター
商品説明
幻の俊足、待望の参戦!!
ブレードライガーにバリエーション機「ブレードライガーミラージュ」が登場。
「レオマスター」ピーター・アイソップ大尉の乗機としてファンには根強い人気を誇る機体が遂に登場します。
白く美しい機体を再現するため、キットの白の部分は「パール塗装仕上げ」。
牙・爪等の金色の箇所は「メタリック塗装」を施しました。
背部に装備された「アタックブースター」も専用カラーで再現。
今までのブレードライガーには無かった高級感をお楽しみ頂けます。
さらに「レオマスターの称号デカールも付属」し、一層雰囲気を盛り上げます。
パッケージはファンにはお馴染み、人気イラストレーター「マーシー・ラビット氏描き下ろし」。
ミラージュ高速戦闘部隊の通常版のブレードライガーと一緒に飾って、共和国の誇る高速戦闘部隊の再現や、セイバータイガー等と並べて、ライバル機体同士の対決を再現する事ができます。
関連画像
hmmbladeligermirajy_hff_20100716183354.jpg hmmbladeligermirajy_h_20100716183352.jpg hmmbladeligermirajy_v_20100716183354.jpg hmmbladeligermirajy_k_20100716183353.jpg hmmbladeligermirajy_t_20100716183353.jpg

レビューサイトさん

ゾイキノさん、コトブキヤ ブレードライガーミラージュ レビュー
塗装品故、バリあとが目立つとのこと。
煌きのレオマスター!「ZOIDS ブレードライガーミラージュ イリサワ流通限定品」完成見本レビュー! - 【あみブロ】フィギュアレビュー,キャラ&ホビー通販あみあみ
レオマスターのデカール付属!コトブキヤ ブレードライガーミラージュご紹介【でじたみん】|でじたみんさんのブログ ~おもちゃ・ホビー・美少女フィギュア・プラモデルetc 最新情報~
上記2つは見本です
関連記事
HMM-003 RZ-028 ブレードライガー
HMM-003L ブレードライガーAB レオン仕様
HMM-016 ブレードライガーAB バン仕様
HMMCP003ストライククローセット(ブレードライガー用カスタムランナー)
HMMCP004レーザーブレード&グレーキャノピーセット(ブレードライガー用カスタムランナー)
関連リンク
プラスチックキット ゾイド -ZOIDS- RZ-028 ブレードライガーミラージュ[コトブキヤ公式サイト]
楽天市場で「コトブキヤ ZOIDS 1/72 RZ-028 ブレードライガーミラージュ プラモデル イリサワ流通限定」を探す
Amazon.co.jp: ゾイド RZ-028 ブレードライガーミラージュ
ホビーサーチさん、RZ-028 ブレードライガーミラージュ (プラモデル)
更新
101113.レビューサイトさん2件追加
100908.レビューサイトさん1件追加
100806.箱の画像を追加
100716.関連リンクに公式ページを追加
100524.ページ公開

zoids up!

■ゾイドアンテナ
NBZ‐09 バイトグリフォン(ハリケンホーク) - Gaddemu Only World
NBZ‐09 バイトグリフォン(ブレイブジャガー) - Gaddemu Only World

YouTube - zoids 之异域的旅者 ゾイド deathpion 1/24

ZOIDS FZ-020 グラビティーサイクス - またーりといくよ。

原点はトミーの作るゾイドであった

(いつもの「雑記」用に書いていたのですが、少し長くなったので、コラムテニな扱いにして更新を稼ごうと思いまして、別記事にしています)

自分はコトブキヤのよりトミーのが好きです。これについては数日前から加工と思っていたのですが、更新が忙しかった(更新ネタが多かった)のでしばらく寝かしておりましたが、書かないともやもやするので今日書いておきます。

ゾイドモデルズを読んで、すげーと思った反面、なんか違和感がありました。それがなんなのかじぶんでもよくわからず、しばらくもやもやしていたのですが、ゾイドモデル図の詳細目次の記事を作成中、トミーの作例は少ないんだなぁと思うことがありました
。「あ、もしかしたらこれが違和感の原因かも」と思って、改めてコトブキヤのゾイドを見たところ、トミー版の方(シールドライガーとかセイバータイガー)が好きだなぁと感じることができました。

その理由がすごく気になって考えてみたのですが、そもそも自分がゾイドをなぜ好きなったのは、たぶん、コロコロコミックとか小学何年生とかアニメとかで見た、ゾイドの世界観ですとかジオラマですとかデザインとかが好きだったからなんだと思います。「だと思います」というのは、ふわふわと残っている記憶を頼りに推測したからで、当時の自分がそう思っていたのかどうかは分からないからです。今の自分がゾイドを好きな理由もこれだと思います。

で、それに対してコトブキヤのゾイドは、オリジナルの世界観を作っているわけでもなく、デザインは異なっており、これらをもつて、「HMMゾイドが好き」というのがなく、ゾイドから派生したものだから好き、関わっているという要素がすごく自分の中で強いのだと思います。仮にですが、トミーのゾイドがなく、コトブキヤからゾイドが発売されていたならば又別の視点から見ることができたと思います

ここで戻りますが、そのような経緯が自分にあったからこそ、ゾイドモデルズがゾイドの作例集としてでる以上は、トミーのを元にした作例のほうが多い、少なくとも半分以上はあるべきというのが、心の奥にあり、それが的はずれなことであったから違和感につながったのではないか、という結論になりました

(またこんなにまとまりもなく。うだうだ書いているのがすでに自分の中で嫌気が指しているのですが、もう少し書きます。最初に加工とした時もこうやって長々とうだうだに悩み、描くのをやめたんですよね)

このことは、ゾイドを再認識できたという点で自分の中では良い出来事であったと思います

あと、ブログを公開している以上、これは適当に書いたものであれ、人様に見られるものですから誤解の内容に書いておきますと、コトブキヤのゾイドが嫌いというわけではなく、私の趣向に合わないというダけですのであしからず。

コトブキヤさんがゾイドをどのように扱うかというのは勝手ですし、そのゾイドが好きという人も大勢の方が居ますし、そこからゾイドに入ってくださる方もいるかと思いますし、しばらくゾイドがつづいているのもコトブキヤさんのおかげですし、今回の商品企画会議などとてもユーザーの方を思ってくださっていますし、私にはあわないというだけで、まして、アンチコトブキヤなんてことはありませんので。

すこし脱線しますが、好き嫌いというのは、その個人の価値観であり、絶対的なものではありません。自分が嫌いだからといって、それが大多数の意見であるとは限りませんし、その見方は大変危険だと思います。その点が最近見落とされているのではないかということをたまに見かけることがありますので書いておきます。実を言うと、私は好き嫌いというものがよく分かりません。自分に合う合わないということはあっても、自分が何が好きで嫌いで判断することができません。正しい、正しくない、間違っているといことの判断を迫られているように感じてならないのです。

まぁ、そんなわけで自分の思ったことを書いてみたわけですが、次回作例集が出るときはもう少しトミーのゾイドが多いといいなぁと思って、終えることにします。だって、ぜんまいとか電動とかブロックスとかネオとかいっぱいあるわけじゃん。終わり

僕はトミー派

■ゾイドアンテナ
『KOTOBUKIYA HMM ZOIDS 第1回公開商品企画会議』レポート(1) - Time Vault-時の貯蔵室-
『KOTOBUKIYA HMM ZOIDS 第1回公開商品企画会議』レポート(2) - Time Vault-時の貯蔵室-
いつも濃密なレポートを書いてくださるシュウヤマさんの、内容満点商品企画会議レポートです!圧倒的な文章によって、会場の雰囲気が手にとるようにわかるレポ^戸となっていますので是非是非ご覧になってくださいな(それにしても熱すぎる…)

第一回HMMゾイド公開会議無事成功です。: うさぎ用心棒ブログ営業所
マーシーラビットさんのレポート。裏方情報がわかるものとなっておりますよ

レジェンドブロックス アイアンコングMk-Ⅱ: れっどあらあとの玩具日記
レジェンドブロックス ゴジュラスMk-Ⅱ: れっどあらあとの玩具日記
他の作品やモデルをうまく使ってレビューされている点をいつも感心するレビューであります

他にも紹介すべきものがあったような気がしますが思い出せないのでこの辺で。

ゾイキノさん、コトブキヤ グレートサーベル レビュー
ノブ店長のメタルボックス店長日記 » グレートサーベル発売です
早速のレビューです。自分はマックロクロスケにしようかなぁと思っています


■雑記
グレートサーベル発送中。

HMM-019 EPZ-003 グレートサーベル

141028更新:14年12月再生産情報を追加

hmm_greatsaber_pk_a.jpg
HMMグレートサーベル箱絵: うさぎ用心棒ブログ営業所

EPZ-003 グレートサーベル概要

  • コトブキヤ・ハイエンドマスターモデル
  • 10年05月18日・2010年10月6?日(再生産)・14年12月再生産
  • 価格:7,140円
  • »続きを読む