スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴァースセンチュリーのHRZキングライガー(メッキなし)のレビュー

DSC00035.jpg何度か共和国のゾイドと間違ってしまうのは自分だけ?

このレビューではメッキを外させてもらってます
作るにもべとべとするし、ゾイド的にもぴかぴかはいただけないので。

11/11に箱横画像と下からの画像を追加しております

関連記事:リバセンコーナーのHRZ-012 キングライガーのページ
まずは眺めよう

DSC00114.jpg
DSC00117.jpg
我についてく敵機なし

開けました

P1080236.jpg
リバセンの割に箱いっぱいです
P1080249.jpg
A/Bランナー。
一目でどこのパーツかわかりますね
P1080248.jpgP1080245.jpg
金メッキCランナーとDランナーです。
P1080241.jpgP1080238.jpg
Eランナー/F
P1080250.jpgP1080251.jpg
キャップにシールにパイロット。それと一体型のモーター。
一個一個の分割が少ないのでこうして並べると感じますね

作りました

hrz012_king_liger_review_(4).jpg
正面より。
顔はコマンドウルフやワイツウルフのよう。
どうや脚の長さからふっくらとした感を受けます
hrz012_king_liger_review_(9).jpg
斜めより。すんぐりなコマンドウルフ?
この角度からは見難いのですが、
顎から足に書ける間にパーツがないので
鬣が前に突き出しているように見え、肉抜きも丸出しです
DSC00036.jpg
お尻のグリップのようなデザインは何だろう
電池カバーの隙間も気になる
hrz012_king_liger_review_(5).jpg
全体からみるとよいバランスではあると思いますが
後ろをもっと引き締めると締まった感を与えるかもしれませんね
背中にはグレードアップパーツをつけれるようになっています
hrz012_king_liger_review_(8).jpg
顔の鬣のラインは好きです。
スモークチャージャーと足の肉抜きが目立ちますね
hrz012_king_liger_review_(1).jpg
コマンドウルフのようなデザイン。
モチーフになぞらえるなら何だろう。
ライオンには見えないよなぁ
頬の出っ張りにはビーム砲がつきます
噛むとき、どうするんだろう?
hrz012_king_liger_review_(6).jpg
キャノピーの接続部がやけに後ろ。
頭部につく金メッキは目と操縦席を担っているので、
ないとすかすかになります
hrz012_king_liger_review_(2).jpg
空白部には強さを示すプレートが付きます
胴につながるパイプの太さがいただけない
hrz012_king_liger_review_(3).jpg
後期ゾイドお得意の一体型の足。
足首も稼働することを前提としていないのではめ込み式
hrz012_king_liger_review_(7).jpg
顔の鬣の間にブレードがつきます。斬るのは風だ
背中はそれなりにディテールが入ってます

動かします

まんとモーターが不良品でした!
問い合わせやらめんどいのでしません
640x480で初うpしようと思ってたのに
説明書によりますと
単3電池により口の開閉、歩行ができます

統括

旧ゾイドの後期の者は皆何かしらずれているので
その辺を考慮したうえで買えばそれなりにいいのかなぁと思います
久々のレビューがこんなんですみません
いかんせん盛りあがれないゾイドでして

いままでレビューしたゾイドのページ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/1934-6aaf7f88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)