スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊ゾイドグラフィックス Ex.2 オルディオス/ORUDIOSのレビュー

P1050177.jpg

メカ生体ゾイド 共和国側戦闘機械獣<ペガサス型> RPZ-19
オルディオス
P1050163.jpgP1050174.jpg
前後

P1050159.jpg


P1050178.jpgP1050179.jpg
斜め

P1050177.jpg
サンダーブレード
口が開閉できます

P1050171.jpg
本来、金色のパイロットが入っています
机から行方不明になっているので青さんで代用しております

P1050176.jpg
耳:アクティブレーダー
ふさふさー

P1050160.jpg
ミサイルポッドと加速衝撃砲

P1050154.jpgP1050166.jpg
グレートバスター
ここはメッキでなくても良かったかなぁ

P1050175.jpgP1050142.jpg
脚の装甲:メタルプロテクター
前足はパーツが多く組まれているのに後ろ足は少ない
動かしてみて分かったのですがこちらのほうが歩きやすかったのかな

P1050155.jpg
電動のスイッチは2つあります
前にあるのが、ポーズスイッチ:首・翼・グレートバスターを好きな位置で止めるもので
後ろのがメインスイッチ:足を動かすものです

P1050156.jpg
名称はないようです
お尻ジェットと名をつけます

P1050164.jpg
うまくふさふさ感を表せていると思います

P1050172.jpg

P1050173.jpg

P1050183.jpg
うまくスイッチを切ると羽を広げた状態を維持することが出来ます


素晴らしい





ファンブックでしか見たことがなかったオルディオスが
今、目の前にあるなんて信じられません
色が鮮やかでありますので買うのをどうしようか躊躇っておりましたが
次、買う機会はもしかしたらないかもしれないと考えていたら手を伸ばしておりました

メッキを使ったゾイドも初めてでありましたが
ランナーがぬるぬるしていてへんな感触ですね
指紋が至る所についてしまいました
モーター部分から製作するのも驚きでありました

デザインもさることながらギミックがすばらしいですね
羽を広げながら馬の如く歩き、グレートバスターを突き出す
いいねぇー

色に関しては白と青が共和国カラーで赤が決意を表したものだそうです
やっぱり共和国に赤はいらないなぁ
いつか外国版のいヴぃるなんとかのように黒に塗ってみたい


月刊ゾイドグラフィックス Ex.2 オルディオスの記事
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/2415-2e77ef5a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)