スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシーに活路は ~隠れたニーズを追え~:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

タクシーに活路は ~隠れたニーズを追え~:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

全国のタクシー台数
2002の規制緩和で、26万9000台から4年で27万4000台(5%増)
→台数を増やすのあ容易になったため

■すすむタクシー離れ
需要が過剰。先日台数制限=規制強化
東京でも売上高、25カ月連続で前年割れ(世界最低)

なぜ乗らない?
・高い・地理を知らない・態度が悪い
どんなのなら乗る?
・見どころ、イベントを知っている・タクシー観光・スポーツカータクシー・海の天気、波の具合(趣味:釣り)
→タクシーへの期待高い=ニーズにこたえられていない

■”タクシー離れ” ニーズを探る
こころタクシー(東京都練馬区)
http://www.cocorotaxi.com/index.html
子育て女性ターゲットの”子育てタクシー”
・全車にチャイルドシート・おむつ替え用の防止シート・授乳用のカーテンなど
・会員となって予約する
・代金は普通のタクシーと同じ
・乗務員の90%が女性
・育児に不安な客が多い→アドバイスできる
ある客の感想
・妊婦健診の時、煙草臭いタクシーだった→選べない
・授乳しやすい
・小部屋のように利用できる
現状
・保有する10台フル稼働
・毎月客増えている
→ネットや口コミのおかげ
意外なニーズ
・女性乗務員→塾や学校の送り迎えに
東京のタクシー、ビジネス客が多い
→プライベート利用は拒絶されやすい
ある調査
・子供が生まれてタクシー利用→増えた19%
・タクシーへの不安
→運転は荒くないか・子供が大声を出さないか・チャイルドシートがない
社長
・感謝や励まし多い
→マーケットは潜在的

■そこから見えるタクシーの歴史
大正元年(1912年)初乗り60銭、80mごと10銭
→客を目的地まで運ぶビジネス、100年近く変わっていない
専門家
新しいサービスしようと思っても規制がある
→経営努力しない材料に
「値上げ分が労働条件の改善につながるように」
2年前、乗務員の所得確保などを理由に各社値上げした
→年収下がった。全業界(男):550万、タクシー:325万円(ピーク時の8割)
タクシー会社の大半は売り上げの一定割合が入る仕組み
→その減少分を補うために、車両を増やした→一人当たりの所得減
「オール歩合制の業界
→売り上げは乗務員次第→業態展開必要。お金のもらい方をどう変えるか

■タクシーの活路。移動+α
ムトータクシー(千葉県市川市)
http://www.muto-taxi.co.jp/
ムトータクシー
・乗務員の年収、全国平均+100万
・乗務員のほとんどが介護ヘルパーの仕組みを所持
→客:ボランティアだと制約がある。週3回安心して利用できる
・車いす完備
・ベットでの着替え、体重測定なども可能
→料金+既定の介護料も可能。例)運賃2700円、介護料2300円(往復)
→運転手:タクシーだけより楽しい。やりがい。収入のメリット
→介護料を実際に得られるのは1割程度
・利用者の5割が高齢者→対応が慣れているから
・流し、客待ちしない→客に選んでもらうため
・配車ならタクシー会社を選ぶことも可能
・乗務員も選べる。指名も可能
・配車できているのは400件程度→100件以上はお断りしてる
・車両の稼働率:95%。全国平均:70%
・「今後広げるニーズはまだある→景気動向がそう上がることはない」
・「少子化で人は減っている。移動だけでは厳しい」

■タクシーに活路は?
自動車の保有コスト
・月間5万円以上(駐車料、ガソリン、保険料、税、車検など)
=タクシー3.5km(2420円)*20
→遠出しない人はタクシーのほうが安く済む
→乗らないのは高いイメージ→どっちが得かはユーザーの問題

規制緩和がおかしかった
→コントロールしよう
市場原理は極論
→ただ規制をもとにもどすせばいいかといえばそうではない
特に歩合制
・運賃増加→客減少
・運転手には稼いだ分の60%だけ
・歩合は割合で決まる
→収入下がってもコスト下がるので退場しなくなる
本来の規制緩和は、増やすだけではなく、減らすメカニズムもないと機能しない
・頑張る人が報われない
どうやってそのメカニズムを入れるか?
ex.運転手の給料を最低額で決める(基本給)
空港も97こある
→作るメカニズムはあるけどやめるメカニズムがない
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/2738-6bb0bce7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)