スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財布のなかは大丈夫?

HMM RZ-028 ブレードライガーミラージュ
商品企画会議でお話が出たミラージュの情報がでてきました!パール、メタリック塗装でアレンジされたものとなっています。イリサワ限定ですのでご注意くださいませ

NBZ‐09 バイトグリフォン(ハードベアー) - Gaddemu Only World
くまが暴れてる!
ここまでの可動を見ると、コトブキヤにおとらないものにネオブロックスはなったんじゃないかと思ったり

NBZ‐09 バイトグリフォン 完成 - Gaddemu Only World
合体系にありがちの、あまりパーツがわかりやすく掲載されています
そして、その余りパーツを何とかしようと組み合わせてみるの法則まで実践されています

■コメント返信
JUNK ZOIDS」のU-tanさん

ゾイドモデルズに一言
以前に一度ゾイドオーシャン様にはご紹介頂きました。
その節は有難うございました。

私はメカボニカ時代からZOIDSどっぷりの人間です。
今回のゾイドモデルズですが尼から届きWAKUWAKUしながら見ていたのですが途中から一抹のもやもやとした違和感が・・
そして読み終えた瞬間、
ん~~~~~~なんだかな~~と。

作例は良く出来ていますし、すごいとしか表現できないものばかりなのですが、期待していたものとはかなり違っていました。
やはりTOMYのゾイドが少ないのは寂しいですね。
こちらの勝手な思い込みで出版社様には申し訳ないのですが、昔の電撃に掲載された作例が全部見れるかな?ぐらいにワクワクしていたのですが、
期待はずれでした。

再販ラッシュも暗黒ゾイドの発売で再度の終焉を向かえ、また氷河期を迎えつつありますので
本家以外が頑張ってくれて本が出るだけでもありがたく思ってはおります。
でも寂しいですね。

ゾイドオーシャン様のBLOGはいつも楽しく拝見させていただいております。
記事内容も面白く、いち早く情報が手に入りありがたいです。
こういったBLOGはモチベーションの維持など色々と大変とは思いますが、末永く続けていただけたらうれしい限りです。
頑張ってください。

U-tanさん、コメントありがとうございます
自分と同じ感想の方がいて、少し安心したり、その安心がまたフクザツな気分を起こしたりで悩ましいものですw

本家であるトミーが停止している以上、本来であるならば続かないものを、
コトブキヤがゾイドを新しく作ってくれているというのはゾイドがつづくという意味で嬉しいですけれど
本家が全く音沙汰なく、コトブキヤのものだけが続くのではないかという不安もありますね

コトブキヤのが悪いというわけではないのですが、
ゾイドとは別のロボットと見ても余りデザインが好きでないのと、
おrジナルではシリーズを進めているわけではないので新鮮さ、ワクワク感みたいなのも無いのが
自分としては余り受け入れられていない点かもしれません

と、あれこれ思うことありますが
メーカーが提供するものに頼ることなく
自分なりにゾイドを楽しめることができればいいのではないかとも思ったりです
それがどんな方法であるのか自分でもよくわからないのですがw


更新適当ブログでありますが
そこまでおっしゃっていただけますと、嬉しい限りであります
こうやって、ちょっとしたコメントいただけるだけでも、自分のどこかでやる気に変換されているはずでありますのでまた宜しければコメントくださいませ

ではでは


「JUNK ZOIDS」さんの最新ゾイド記事はこれだ!
完成!   長かった・・・ - JUNK ZOIDS - Yahoo!ブログ
HMMガンスナイパーを帝国鹵獲仕様に改造。コルクボードの土台がまたいいですね

■コメント返信その2

元傭兵の気分的なレビュ置場」の元傭兵さん

公式二次創作という概念
どうもコンバンワ、日頃のレビュー紹介ありがとうございます。

発売以来気にとめてすらいなかったのですが、あの作例集ってHMMメインだったんですねぇ…。
カッコイイし電池は要らない、そして好きに動かして遊べるけどコレジャナイ。
ゾイドはミリタリーなリアルロボットの皮をかぶったスーパーロボットのオモチャって気がするんです。
HMM版の設定も面白いとは思いますが、おれは矛盾や仕様の違いも含めてトミー版とはまた違う世界における物語だと解釈しております。
多世界解釈にも慣れたもんですね(・ω・)r

…ところで当方、行動範囲内に取り上げてないゾイドのキット扱ってる店が無いので、ゾイド関連の更新はHMMちょくちょくとストックの一つだけになりそうですが、どうか今後ともよろしくお願いします。

コメントありがとうございます

コメントを読ませていただいてから、ふと自分のことを考えてみますと
ロボットでも「生きている」もしくは「生きているかのように振舞う」モノが好きなんだなぁと言う事に気づきました
ゾイドでいいますと、機械と動物という要素が合体している、
箱に掲載されていた静止のジオラマに動きを感じるアニメのような躍動的な動きなどなど。
で、ロボットはなんとか戦隊のとか、自動車的なイメージが有りますね

>多世界解釈
2時創作は結構好きですし、ゾイドに潜む矛盾もヘッチャラなんですけれど、コトブキヤのはできないんですよね
オリジナルで話(世界観)を進めていないからかもしれませんし、そもそもそこに要点をおいていないからかもしれません
別の世界という点が薄いからこそトミーのものとダブって、違和感を生じさせるのかもしれなせんね

更新の件は了解しました。これからもよろしくお願いします
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/2877-63c329c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)