スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOIDS concept art(ゾイド コンセプトアート)

画像
zoidsconceptart_pka.jpgzoidsconceptart_d.jpgzoidsconceptart_i.jpg
タイトル
ZOIDS concept art ゾイド コンセプトアート
販売小売価格
3,000円 (税込)
メーカー
ホビージャパン
発行
タカラトミー
発売日
10年08月31日
判型
A4判・平綴じ
解説
1983年の誕生以来、幅広い層の人々を魅了し続けている「メカ生体ゾイド」の初めてのコンセプトアートブックです。『野生ゾイドの誕生』から『戦闘機械獣への進化』『民主共和勢力と武装軍事勢力の対立』までをフルカラーで掲載しています。
解説2
私はウオッチャー観察者。
先祖代々、この星の歴史を記録せし者。
我らが住まう大地、その名は───惑星ゾイド。
いにしえより、この地では、人類とメカ生体ゾイドが共に生き、共に暮らし、時には争うといった歴史を繰り返してきた。
これは、その創世の記録である───。
<CONTENTS>
プロローグ
第1章 誕生
第2章 共生
第3章 新種
第4章 対立
第5章 紛争
第6章 メカニックファイル
レビュー
ZOIDS RESTORY_blog - Yahoo!ブログ
>本の感想のみならず、出版社に務める側からの感想も含まれておりますよ
>自分も本の中で登場する、戦車等にすごく違和感がありました。 兵器ではない、移動手段としての車両は地球から技術が持ち込まれていそうだし、自然発生的に生まれていそうだし、アニメでも用いられていますし、勝手に納得出来る要素があり、むしろ、ゾイドだけに頼っているのもおかしくね、ぐらいに思うのですが、兵器となりますと、ゾイドの世界では「ゾイド」という巨大で強いものが存在しているわけで、「ロストワールド」よろしくゾイドをハンターするための所領があっても兵器利用まではないんじゃないのかなと思うのです。
ゾイドコンセプトアート 【ZOIDS concept art】|機動兵器産業廃棄物 MS.AC.ZOIDS OR DIE
>そうそう、じぶんもこの世界の地球のように長い年月をかけて、金属生命体を生み出したと思っていたので、あまりに早急な、少し前の地球人が貼っというまに作った(勝手に発達していった)といわれてキョトンとなりました
ZOIDS concept art|ゾイド徒然草
ゾイド妄想史|ゾイド徒然草 >ゾイドコンセプトアートのレビューと、整合性を模索する妄想史
そして『ゾイド・コンセプトアート』: うさぎ用心棒ブログ営業所
Zoids Ignition日誌 ゾイドコンセプトアートの打ち震えたところ>ほへー。「小さなことでも大きくなる」。心配りや、気配りというはそんなものだと思うのです。
サラチログ:「バイブル」と「コンセプトアート」について その2>「ネタばれを含む。感動が薄れるため、既読の方のみ」とのことです。私信:恥の文化は日本の心と思うのです!
「メカ生体ゾイド」エピソード1的な内容のアートブックが出ましたよ : ギズモード・ジャパン>前もエヴォドライブを取り上げてくださっていましたが、ゾイドの好きな人がいるんですかね。それと、別のサイトさんでこの記事を加工して掲載しているところを見つけて、どうなのかなと思いました
Zoids Ignition日誌 ゾイドコンセプトアート購入!
サラチログ:設定厨の爽快~「ゾイドコンセプトアート」レビュー~
サラチログ:「バイブル」と「コンセプトアート」について その1
サラチログ:「バイブル」と「コンセプトアート」について その3 「『コンセプトアート』を良いところ取りして従来のバトスト設定に組み込む」
ZOIDS concept art: 横浜ほんよみ生活>英訳をされた方のようです!
日刊リウイチ>昨日、紹介しましたタニグチリウイチさんのサイトより。8月28日付けの日記にてゾイドコンセプトアートについて触れられています。
関連記事
ゾイドコンセプトアートにおける国家>ゾイドコンセプトアートにおける国家はバトストの共和国や帝国なのだろうか、と気になった。旗や建物にそれらしきマークがあるのでそこから考えてみる
『ゾイドコンセプトアート』の年表(a chronological table of Zoids Concept Art)
『ゾイドコンセプトアート』の裏方>この本に関わっている方はどんな経歴を持った人たちなのだろうという疑問を元に作った記事です
キャラホビ2010 C3×HOBBY - ゾイド オーシャン[ZOIDS OCEAN]>こちらで先行販売されていました。また展示物もあり。
関連リンク
ホビージャパンの出版物 Hobby Japan Book「ZOIDS concept art」
Amazon.co.jp: ZOIDS concept art: 本
楽天市場で「ZOIDS -ゾイド- concept art」をさがす。
変移
101025.「関連記事」に2件追加
101004.「目次」と「関連記事」に1件追加
100927.レビューサイトさんを2件追加。
100908.レビューサイトさんを2件追加。関連リンクに公式のようなサイト?を追加
100904.10/08/27-09/04までのレビューサイトを追加しました。ページも若干修正
100821.前回更新時に追加した画像のオリジナルを追加
100813.謎のゾイド画像を追加
100812.一部通販サイトの商品ページに当所現る→ページ作成

前情報2

Zoids Ignition日誌 ゾイドコンセプトアートのお知らせが来た
ZOIDS IGNITIONさんのブログによりますと、タカラトミーの商品お知らせメールにて「ゾイドコンセプトアート」の案内が出ていたようです。絵は新規のものとなるようで、あと目次と、キャラホビ2010にて先行販売されるとの情報が掲載されているようです。設定画集を期待していたけれど、帯のイラストのようなのでまぁ安心ですかね。とはいえど、どうして急に新規物を作ろうと思ったのだろう?
コメント(100812)
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
(追記)
ZOIDS concept art
謎の画像発見!!
このぞいどはなんだろう。レッドホーンだろうか。そうであろうとなかろうと、雑誌内でこの書籍にあった連載ものはなかったし、ゾイドに対して新規投資されることはないだろうし、商品説明の下の文から予想するに、トミーが持っていたものを再構築したものとなる可能性が高い。タイトルの「コンセプトアート」とは、 Wikipediaいわく、「映画、コンピュータゲーム、アニメーション、漫画などで使用するデザイン・アイデア・雰囲気などを最終製品として仕上げる前に視覚化して伝えることを主目的としたイラストレーションの一形態」とのことらしい。ならば画集のようなものになるのだろうが、月刊ゾイドグラフィックスに数度載ったデザイン画のことであろうか。そうならばすごく嬉しい。それにしてもなぜ唐突に発表されたのだろう。もう発売日まで2週間足らずである。公式であるホビージャパンのサイトは音沙汰なしであり、通販サイトで公開される情報を頼りにするしか無い。あr棚情報を見つけた方はぜひご報告して欲しい。
コメント返信
蒼人さんへ
きましたね!ゾイドから書籍はもう出ないだろうと思っていると、どういうわけか発売されるのでふしぎなき持ちです
まさかゾイドブームということでしょうか!?
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

スフィウスLAB(2010-08-20 19:22)
よろしく!編集
三式(2010-08-14 13:18)
これは凄い!!
ものすごい楽しみです。
長年願い続けていたものがようやく・・・。
ホビージャパンはもうゾイドに関心がなくなったのかと思ってましたが、やってくれましたね。
編集
蒼人(2010-08-13 00:35)
な、なんやてー?!


嬉しいニュースです!(^ω^)よやくせねば!編集

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/2951-d378d689

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)