スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、ゾイドコンセプトアート発売!

zoidsconceptart_pka.jpg

一言

本の感想でも書きたいところだが、他の物も注文していたためか、発送が数日後となったため、まだ手持ちにございません。にゃんてこったー

■ゾイドアンテナ

■雑記・コメント返信

ゾイドコンセプトアートの記事に「スフィウスLAB」という方から「よろしく」とだけコメントをいただいたのですが、何に対しての挨拶なのかわからなかったものですから、返信しなかったのですが、上記で紹介させていただきたZoids Ignitionさんの記事にもコメントされていたので、ふとグーグル先生に聞いたら、

ゾイドバトルストーリー - Wikipedia

『ゾイドバトルストーリー』のストーリー設定はトミーの設定を基本に小学館編集担当者とスフィウスLAB(ジオラマ、SF考証も担当。荷電粒子砲を設定。)との共同制作 ゾイド復活に合わせ、『月刊コロコロコミック』でジオラマ写真を掲載したストーリーが連載(ジオラマ制作は前回と同じスフィウスLABが担当)

超攻戦士 ザクレス - Wikipedia

デザインはスフィウスLABが担当。スフィウスLABは出版、映像美術方面で活躍する美術デザイン制作集団。トミーの玩具商品「ゾイド」シリーズの初期から中期にかけての商品デザインや美術背景制作などに多数参加している。

D-1 DEVASTATOR - Wikipedia

児童誌の記事制作などで実績のあったスフィウス・LABから持ち込まれた原案を叩き台として企画した、初のオリジナルビデオアニメである。

とあって、ものすごく驚きました。わざわざコメントいただきありがとうございました!

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/2976-53599ea1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)