スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRZ-013 ガルタイガーGCのレビュー(ランナー編)

grz013a.jpg

リバースセンチュリーより
グレートアップパーツ付きで再版されたガルタイガー

旧ゾイドの後期のさくひんとあって、
デザインは奇抜なものでありますが
よろしければご覧になってくださいな

関連記事
ゾイド オーシャン[ZOIDS OCEAN] GRZ-013 ガルタイガーGC
GRZ013_gunligergc_rana01.jpgGRZ013_gunligergc_rana02.jpgGRZ013_gunligergc_rana03.jpg
■リバースセンチュリーシリーズでは
箱が大きく設計されtげいるため、開けると中がスカスカで凹むことがあるのですが
ガルタイガーはきっちり入っていて感激いたしました
■でっかいモーター
■脚です。これだけで整形されているなんて、旧ゾイド後期ものには当然の話しですね

GRZ013_gunligergc_rana04.jpgGRZ013_gunligergc_rana05.jpgGRZ013_gunligergc_rana06.jpg
■脚とかそれの関節とか、ビーム砲とか
■頭から尻までカバーする装甲!
■尻尾とキャノン砲?です。ここまで湾曲させた尻尾は初?
足の関節のデザインといい、デザインで動きを表していますね

GRZ013_gunligergc_rana07.jpgGRZ013_gunligergc_rana08.jpgGRZ013_gunligergc_rana09.jpg
■頬と脚に流れるラインを描くパーツ
■動力の伝導パーツなど
■扇風機。これで空を飛びます。

GRZ013_gunligergc_rana10.jpg
■ギアの付いたパーツは扇風機への動力を伝えるために使います

■ランナー編はこれで終わりますが、
本体の写真撮影を終えましたので
次回、本編のレビューをしたく思います。
久々に動画付き!

■パドルストーリー
ZAC2059年。度重なるヘリック共和国軍の強行偵察に対しガイロス帝国軍は「ガルタイガー」を投入するも僅かに劣る速力に苦戦を強いられる。「軍部はオーバーテクノロジーに頼りすぎている」と末端のー技官が立ち上がる。棄てられた技術の結晶「ジャイロクラフター」が今、再び戦いの空を舞う!

■ガルタイガーGC機体説明
ガイロス帝国軍軍備再建の一環として再就役した砲撃ソイド「ガルタイガー」。敵高速ソイドに対する機動力強化として苦し紛れに「ジヤイロクラフター」を試した結果、非マグネッサー式である本装備は磁気嵐の影響を受けないことが発覚。グランドカタストロフ以降初の飛行可能ソイド「ガルタイガーGC」として迎撃に活躍した。

■動画(YOUTUBE)

YouTube - ZOIDS GRZ-013 GUN LIGER action movie

ゾイド オーシャン[ZOIDS OCEAN] 改造ゾイド・レビューしたゾイドのまとめ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

夏緯(2010-12-09 22:45)
最近のゾイドで質問が、
ここ一年で一番良かった
ゾイドのプラモデルって
なんですかね?
大晦日にでも
組み立てたいです。v-48編集

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/3110-6fddf1fa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)