スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボルテックのジェノブレイカーを少々

DSC02059.jpgDSC02062.jpgDSC02061.jpgDSC02063.jpg
(左)(中)(右)箱です。とりあえず、大きかったです。コトブキヤの箱サイズ。

DSC02058.jpgDSC020661.jpgDSC020651.jpg
(左)(中)(右)中身です。左側のみ、手などが接続され、右側は個別にケースに収められています。とても丁寧な包装をされていました。

DSC020671.jpgDSC020681.jpgDSC020691.jpg
(左)(中)荷電粒子砲:トミー・コトブキヤのものでは上あごと下あごの接続部分に、荷電粒子砲が設置されていたため、横から見た時に体の軸と水平状態となっていました。しかし、リボルテックのものは、下あごに上あごが接続されているため、荷電粒子砲の置く場所がなく、それゆえ、上あごに接続され、体の軸と水平状態に置くことはできません。
(右)ブレードは展開しません。借りに展開させるならば、デザインナイフで少し切れ目を入れてはずし、穴をあけて針金を通したら、完成ですな
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zoidsocean.blog26.fc2.com/tb.php/3124-84e33fed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)