スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRZ-007 ジークドーベル/ZEEK DOBERのレビュー 完成編

前段階
GRZ-007 ジークドーベル/ZEEK DOBERのレビュー 組み立て編

DSC00778.jpgDSC00779.jpg
耳まで開閉する驚き
DSC00786.jpgDSC00784.jpg
開けても何もない
DSC00795.jpgDSC00787.jpg
棒でつなぐ
DSC00776.jpgDSC00777.jpg
ここ重要
»続きを読む

コトブキヤのガンスナイパー ナオミ仕様のレビュー(箱・説明書・ランナー編)

■概要
・ガンスナイパー ノーマル機とナオミ仕様の違い ~箱編~
・ガンスナイパー ノーマル機とナオミ仕様の違い ~説明書編~
・ガンスナイパー ノーマル機とナオミ仕様の違い ~ランナー編~

■ガンスナイパー ノーマル機とナオミ仕様の違い ~箱編~

hmm_gunsniper_naomi01053.jpg

左下にノーマル機はコトブキヤのロゴが入っており
商標もライセンス契約のものが入っているのですが
ナオミ仕様ではタカラトミーのロゴで
商標もタカラトミーと小学館のものが使われています

hmm_gunsniper_naomi01054.jpg
hmm_gunsniper_naomi01055.jpg
箱横ー »続きを読む

EZ-022 ゲーター(ディメトロドン型)のレビュー

DSC00658.jpg
DSC00659.jpgDSC00661.jpg
DSC00662.jpgDSC00663.jpg
»続きを読む

BZD-002 ブリッツハーケン (ペロキラプトル型) プチレビュー

ずっと前に撮ったノがあったのでプチレビュー

電撃ホビーの何月号化の付録についてきたもので
他にも同じ関係としては、ハチ形のブリッツホーネットとクワガタ型のブリッツソーダがいます
機体解説等はこちらで拝見してください:BZD-002 ブリッツハーケン BLITZ HAKEN

P1050002.jpg
ランナーは1枚だけのワンブロックす風味です

P1050005.jpgP1050006.jpgP1050009.jpgP1050003.jpg
核となるのがブロックスなので足や尾はそれなりに可動します
あと腕もジョイント形式ではめ込まれているので可動しますし
尻尾の先の釜のような部分も上下に可動できます
単色整形なので色分けすると映えると思います
確か電撃ホビーの作例では他にも可動を増やしていたような気がします

GRZ-007 ジークドーベル/ZEEK DOBERのレビュー 組み立て編

DSC00749.jpg

時間と更新ネタの関係上、レビューを2分割でします
この記事では、箱からランナー紹介、組み立てまでをレビューしています »続きを読む

RZ-019 ダブルソーダーのレビュー

■内容

YouTube - RZ-019 ダブルソーダー

■補足(公式)
・DOUBLE SWORDER / STAG BEETLE TYPE
・全長:11.6m、全高:3.96m、重量:19.7t、最高速度:415km/h
・主な武装:4連装マシンガン、レーザーセンサー×2、対ゾイド小口径2連装ビーム砲、フレキシブルスラスターバインダー×2、ウィングスタビライザー×2、ブレイクソード×2
・機体説明:サイカーチスの対地攻撃に苦しめられた共和国軍が、国から呼び寄せた小型飛行ゾイド。武装、出力ともサイカーチスを上回るダブルソーダは、対地攻撃だけでなく空戦でも活躍する。また、上空からの偵察にも対応できるよう、後部座席には各種センサーのモニターを備えているぞ。
■補足(中の人)
縦のふたり乗りは初めてで、動力機構はサイカーチスと同じですが、羽が手動開閉でアゴが動くようになっています。旧ゾイドと比べると、全体的に色が濃くなっています。中央大陸戦争ではオリンポス山でデスザウラーにやられた舞台の救出にあたっており、のちの戦争に大きな影響を及ぼす情報をもたらしています。無印アニメではリーゼのスペキュラー(オーガノイド)に強化され、スリーパーゾイドを顎から発する電波で操りました(記憶ああやふやなので確かめることをおすすめします)
レビューを作り終えてから気づいたのですが、顔についているアンテナつけるの忘れてました。「このパーツ、どのゾイドのものだろう」「今度誰かに聞こう」なんて思ってました

いままでレビューしたゾイド記事

■レビューについて(2週間前に書いたもので、今見るとすごく恥ずかしいことを書いているので読まないでください)
 当ブログによるレビューは去年の12月に行った「ゾイドジェネシスのGZ-009ブラストルタイガーのレビュー」以来となります。なぜ急にレビューするに至ったのか。
 ある方からゾイドを譲っていただきまして、今日パーツ確認などを行いました。ダンボールから一通り出して、取れている小さなパーツをはめていきました。その際、スペースが無かったので布団に占領されていない狭い床に並べていきました。そしたら、共和国、帝国混ざっているのですが、なにやらひとつの展示のように感じました。すると、急に「レビューしたい」という気持ちにかきたてられ、目の前にあったダブルソーダーを手にとり、撮影し始めました。これが今回のレビューのきっかけです。

 撮影するため、いつもしていたときのようにダブルソーダーをおき、デジカメの画面から覗いたのですが、違和感が生まれました。「何か違う」と。コトブキヤの1/72のフィギュアをおいて撮影してみたのですが、それの手のポーズがやたら変で、うまくシャッターを切れない。そこでそのフィギュアを廃して、できるだけ点検員などが見るであろう角度からダブルソーダーを撮影しました。すると、今まで撮ってきた写真とは全く違う写真が次々生まれていきました。どんどんダブルソーダーがかっこよくなっていく。思わず「こんなんだったけ?」と思うほどでありました
 おそらく今までのレビューと今回のレビューは違うと思います。なぜゾイドは良いのか、なぜ自分はゾイドが好きなのかを詰め込めたように思います。これは主観的視点からであって、皆さんから見れば「かわりないじゃん」と思われるかもしれません。ただ私にとってのゾイドはこれであると思います。なぜかそんなふうに思えるのです。もし宜しければご覧になってください。なんか違うと感じていただけたら、コメントもしてやってください。ではどうぞ

RZ-003 バリゲーター/BARIGATORの動画


YouTube - RZ-003 バリゲーター/BARIGATORの動画
 今回のレビューはバリゲーターです。それも動画形式です。そのくせ歩行の動画はありません。動く動画を見たい方は他の方の動画を見ることをおすすめします。以前バリゲーターTSのレビューで撮った私の動画もあります。「なんでレビューしたことを忘れていたんだ?」「同じのレビューしてどうしたいんだよ?」と今自分に問いかけているところであります。
 詳しいことがわからんのですが、1920?xで作ったもので、動画を見るとHDで見れるようになっています。画質の低いものから選べますので環境に合わせて視聴されてください。自分のパソコンだと一番良さそうなHDはかくかくなるのでありがたみがわからないのですが、綺麗に表示されるのは確かです。
 で、「なんで動画なんだよ」「この前するといったダブルソーダーはどこへいった」というご意見が出てきそうでありますが、まず動画に関してはバリゲーターは新製品でもなく古くからいるゾイドでありますし、そう私があれこれ語ることもありませんし、レビューの方法を今までとは違うものにしようという考えがあるからにございます。そしてダブルソーダーに関しては、レビュー作成時に欲しい写真が一部足りなかったので撮り直しを行い、まだ選別できていないのと、そのついでにとったバリゲーターのほうがすぐにまとめられそうだったので今回は見送ることとしました。
 いままでレビューしたゾイド記事はこちらで、今回レビューしたバリゲーターがモーカー可されたHRZ-008 バリゲーターTSのレビューはこちらとなります。今回のに比べるとえらくしゃべっていますが、淡々としてすごく怖いレビューになっています。あわせてご覧になるとその時のテンションでレビュー制作していることが丸分かりだと思います

コトブキヤ ガンスナイパーのレビュー

アップロードがめんどくさかったので動画にすればと思ったけどめんどくさそうなのでやはりいつも通りにしようと思います
無事書き終えました

DSC00376 (34) »続きを読む

ゾイドジェネシスのGZ-009ブラストルタイガーのレビュー

DSC00180_R.jpg
「灼熱の虎」 ブラストルタイガー
一度バトルストーリーで発売された奴が!
ゾイドジェネシスで色を変えて戻ってきた!
サーミックっ!バーーースト!!!!!!!

(091211更新。バースト時の写真を少し追加しました) »続きを読む

リヴァースセンチュリーのHRZキングライガー(メッキなし)のレビュー

DSC00035.jpg何度か共和国のゾイドと間違ってしまうのは自分だけ?

このレビューではメッキを外させてもらってます
作るにもべとべとするし、ゾイド的にもぴかぴかはいただけないので。

11/11に箱横画像と下からの画像を追加しております

関連記事:リバセンコーナーのHRZ-012 キングライガーのページ »続きを読む